真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

稲毛海岸~幕張海浜を歩く

 休みの日に友達とお散歩してきた。健康的! 稲毛海岸~海浜幕張をてくてく。

2017_1125_15480300

2017_1125_15124900

2017_1125_16024300

 

 海に癒されながらガチャ引いたら、良いカードが!!(具体的にいうと、FGOのカレイドスコープ) 稲毛海岸はいいスポットなのでは?

 我々いい歳なので健康に気を遣った会である。でも結局夜は飲むんだけどね~。

 楽しかった。

舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」の東京公演を見てきたよ

舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」公式サイト

 

 キンプリによって、私の中に"推し"という概念が出来てしまった。
そんなどハマりしているコンテンツですが、いわゆる2.5次元舞台にも進出。
 初めての2.5次元舞台を見てきました。

続きを読む

日記の書き方に悩むの巻

 日記を書いてきた場所を思い返してみる。
 HTML手打ちの自分のホームページ、tcup、えんぴつ、さるさる日記、mixi、fc2、Movable type、Wordpress、はてなブログとかいろいろあります。

 自分が所有するサイトはブログだけになり、ブログに書くことは食べに行った店やら技術メモやらイベントの感想やら買い物メモが主となり、日記らしき文章は書かなくなりました。まぁ、社会人で毎日書きたいことがそんなないのもあるかもしれない。
 しかし、あとで見返した時に自分が楽しい方がいいに決まってる。となると、日記はどう書いていこうか。

 というようなことを年に何度か考えてます。うーん。日々の他愛無いことはTwitterに上げてしまっているのもある…とは思うけど、ちゃんとした(?)文章は文章で手元に残しておきたい。ブログをこれ以上増やすのもなーって感じで、結局ここの砂場に集約するのがベストでは。となったりなんだり。
 もっと日記はポエミィで、割とどうでもいい感じでいいと思うんだ。

 尚、pplogも好きだけど、あれはもう感情の書き殴りに近いからなぁ。

 

 ところで、「いろいろあります」って書くとエミネムさんが色々教えてくれそうな気がするよね。

Xperia XZ1のバンパーについてまとめてみたよ

 そろそろ発売になるXZ1のバンパーについてまとめてみました! 新しい機種が出るのはワクワクしますな。

 個人的には、Z5だと本体保存容量が32GBだったところが64GBに上がっているのがポイント高いです。何かをインストールする度に何かを削除していたからな!

続きを読む

KING OF PRISM SUPER LIVE MUSIC READY SPARKING!に行ってきたよ

 2017年10月21日、初めて生のプリズムショーを見てきました。

EVENT | 「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」公式サイト

 

 おかげ様で昼夜参戦となりました。かにみそちゃんとレッツプリズムショー観戦!戦?

続きを読む

一泊二日で長崎・福岡へ旅行してきた ~念願の軍艦島に上陸~

前書き

 もう10年以上も昔のこと。大学生の頃にインターネットで怖い場所を見るのが好きだった。たとえば、心霊スポットと噂の場所に行ってみた記録のサイトだったり、廃墟サイトだったり。自分の身に危険が降りかかるのは御免だが興味はある、みたいな。

 ネットの海を泳いでいた時に「一夜にして住人が消えた場所がある。しかしそこは全然心霊スポットではないのだ。」というような紹介文から軍艦島を知った。
 正式名称は、長崎県端島。明治時代に石炭の鉱脈があるこの島を三菱が買い取り、埋め立てて島を拡大し、住環境を整え、その後昭和の時代まで操業した炭鉱の島である。
 狭い土地に多くの人が住めるよう、多くのマンションが建設された。そんな姿を海上から見ると軍艦に見えるようなことから、愛称として軍艦島が定着している。
 島民が引き揚げて以降は無人島となっており、ネットで見る軍艦島はそこだけ昭和のまま時が止まったような雰囲気だ。

 本当はずっとずっと行きたかったわけだけれども、そもそも旅行のお金がなかったり、島に入ることが不法侵入だったりするわけで、おおっぴらに軍艦島に行けなかった。
 しかし、2009年には長崎市が端島を観光資源とするようになり、公式的に見学することが可能となる。その後、2015年には産業革命の遺産として世界遺産にも登録され、立派な観光地となったわけだ。
 世界遺産となると世界的にも注目されるわけで、いろいろあれやこれや気を揉んだりしなくもないわけで。出来れば早めに行きたいものだとなっていた。
 そういうわけでこの度行ってまいりました。

 

続きを読む