真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

入間基地航空祭2008

11月3日は、入間基地の航空祭でした。 Twitterでそんな情報を仕入れたり、エースコンバットで機体を若干覚えたり、相方が戦闘機好きだったり、スカイ・クロラ読んだりしたので、航空祭に行ってみる気になりました('ω') 学生時代とは比較にならんほどのアクティブさ。

入間基地は、池袋から西武池袋線で40分くらいのところにある「稲荷山公園駅」のすぐそばです。 池袋駅の時点で明らかに航空祭に行くとわかる人々の多いこと多いこと…。 電車も混んでましたが、会場はもっと混んでいた。

2008_11030002

何よりも真っ先に向かったのは、F-15Jの展示。

2008_11030011

これが見たかったんだよぉぉぉと言わんばかりに、たくさん撮った。 コクピットを見させてくれる(でも、乗れはしない)のもあったのだけども、2時間待ちの前には諦めたよ。

2008_11030054

ああ、これがSKYEYEなわけですね。 というわけで、早期警戒機。E-2C。愛称はホークアイらしい。鷹の目…何となく強そうですね。 (あ、SKYEYEは早期警戒管制機なわけで、ちょっと違うのね。)

2008_11030061

F-4EJ。ファントムII。 個人的に、顔のあるペインティングはあまり好きじゃなかったりする。

2008_11030069

F-2。愛称はないらしい。かわいそす。 個人的に、好きな色。青と青の模様は、魚のお腹とか思い出しますね。

2008_11030073

練習機であるT-4が並んでいる。 T-4はドルフィンという愛称もあるので、写真はドルフィンの尾びれ勢揃いといったところ。

2008_11030079

ブラックホークことUH-60。 「ブラックホーク」と聞くと、その後に続く言葉は「ダウン」しか思いつかない。不吉な。 というわけで、「ブラックホークダウン…。…落ちちゃらめぇぇぇ」とか思っていたことは内緒だ。

2008_11030143

YS-11のエンジンの展示。 基地創立50周年記念ペイントのようである。 こういうのを見ると、パイロットよりも整備士とかそういう方に魅力を感じるなーと思うのであった。

2008_11030145

救助用のボート。 ぱっと見て、ポニョに出てくるボートを思い出した。あのボートよりかは丈夫な気がする。

2008_11030147

こちらは一人用の救助用ボート。靴みたいな形。

さてはて、午後はブルーインパルスの飛行展示です。 これが目玉なので、人が午前中よりも格段に多くなっていてビックリした。 曇天のため、あまりキレイな写真が撮れなかったのが残念。

2008_11030166

2008_11030167

矢が、ぷすり。

2008_11030171

6機揃って急上昇急降下。

2008_11030174

5機がそれぞれ1つのラインを受け持って描く☆。 徐々に描かれていく様が格好良かった。

とまぁ、そんな感じでした。防寒対策はしっかりせねば!と感じた一日でもありました。 一度行ったし、来年はいいかな?と思っていたけれど、 F-15のおしりを撮らなかったことを相方が非常に悔いているので、来年も行かねばならないようです。