読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

「クレィドゥ・ザ・スカイ」森博嗣

「クレィドゥ・ザ・スカイ」森博嗣

「スカイ・クロラ」から始まって、「ナ・バ・テア」、「ダウン・ツ・ヘブン」、「フラッタ・リンツ・ライフ」を読んできて、今日、「クレィドゥ・ザ・スカイ」を読了。 「ナ・バ・テア」からは、時間をあまり置かずに読んだかな。一ヶ月以内くらい。

久しぶりに森博嗣のシリーズを読んだんだけれども、S&Mシリーズや四季シリーズと違っていて面白い。(ちゃんと読んだシリーズはこれまでその2つだけだった。) どう違うかと言われると、以前読んだものの記憶が定かでないので何とも言えないんだけど、違う。 文体が違うのが、印章を違えている要素として大きいんだと思うけど。

本来ならば、「ナ・バ・テア」から時系列は始まり、「クレィドゥ・ザ・スカイ」の後に「スカイ・クロラ」になる。 それを踏まえた上で、この本の主人公が誰なのかがピンと来ない。ピンと来ないのは、そういう謎として書かれているからなわけだが。 これまでの本の文章を注意深く見れば、もしかしたら回答を見つけられるのかもしれないけれど、そこまで突っ込んで読むのはちょっと疲れるなぁ…という感じで保留しておく。 本の内容としてもなかなかスリルがあって面白かったから、満足している。

さて、残るは短編集の「スカイ・イクリプス」のみ。 これはまだ文庫本で出ていない。 ハードカバーを買うか否かは悩みどころだなぁ…。 装丁は好きなんだけど、ここでハードカバーを買ってしまうのなら、最初からハードカバーにしてしまえば良かったと思うし。むぅ。きっと文庫で買う予感。 そういえば。 「スカイ・クロラ」が映画になってから、このシリーズの文庫版の表紙が映画の絵になってしまっている。 個人的には、非常にいただけない。 それまでの、特に絵のない表紙が良かったのに。

このシリーズを探しているとき、中公文庫の取り扱いが小さくて探すのに手間取りました。 本屋さんって、意外と流行りものしか置いてないんだなぁと思ったり思わなかったり(´・ω・`) amazonを利用すればいいのかもしれないけど…。最近、本屋でうろうろ色んな本に出会うのが楽しいので、本屋に行きがちなのでした。