真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

鶴の友 上々の諸白

前々から気になっていた、鶴の友の大吟醸である「上々の諸白」。 新潟に行く機会があったので買ってきてみた。

こんな箱に入っている。

DSC_7129_1

このお酒をつくっている樋木酒造は、学生時代に住んでいたところから割と近い場所。 気になりつつも、大吟醸の高価さに買えずにいたのだよ…。 純米あたりを飲んだけど気に入らなかったって思い出もあったしな。 そのときと今との味覚が変わったのか、大吟醸だからなのか、はたまた、たまたま良くないヤツだったのかはわからない。 まぁとにかく評判良いし憧れてたし、久しぶりの新潟と言うこともあり買ってきてみた。

実際の瓶はこんな感じ。

DSC_7130

香りがフルーティ。 甘いけど甘すぎず、くどくない。後味さっぱりめ。 あー、こういうの好きだー。辛すぎないし、甘すぎない。でも美味しい。

自分が好きなものに出会えると幸せになりますが、まさにそんな感じなわけです。 四合瓶で3千円ちょいってのと、関東ではあまり見かけないことがネックだなぁ。通販サイトあるから、いいっちゃいいんだけど。

ちなみに私は新潟駅万代口の方にある錦屋酒店で買いました。 有名銘柄(久保田とか、〆張鶴とか、鮎とか、影虎とか)置いているし、希望と予算を伝えれば選んでくれる。 何より駅に近いし朝9時半からやっているので、お土産用のお酒買うときにはとても重宝してます。

もしも機会があれば飲んでみて下さいませ。新潟だと端麗辛口が印象強いけど、そうじゃないのもあるんだおー。