読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

gitとかgithubとか msysgitとか。

gitとか流行ってますね。よく耳にする。 githubもよく聞く。とりあえず、気になるサービスはアカウントを取るの巻。

そんなこんなで、githubにアカウントを取ったんで、gitを使える環境構築してみるのであった。 ちなみに、普段仕事ではTortoiseSVNにお世話になっています。

githubでアカウント取得

フリーのアカウントは、全リポジトリ公開っていう制限あり。 IDとメールアドレスでサクッと取得。

msysgitインストール

さわるのはWindowsマシンばかりなので、とりあえずWindowsでの環境構築。 公式サイトからDLしてインストールする。

インストール完了すると、msysGitがコマンド待ち状態になっている。 SSH-keyの設定を行う。 $ ssh-keygen -C "your@email.com" -t rsa と入力すると、 Enter file in which to save the key (デフォルトの場所): って聞かれるので、適当に公開鍵内容の保存ファイルを指定するか、そのままEnterでデフォルトの場所に保存する。 Enter passphrase (empty for no passphrase): には、パスワードを入力する。確認もあるので、入力は2回。

そうすると、公開鍵の情報のファイルが指定した場所に作成される。.pubがついているのが公開鍵。 githubのAccount SettingのSSH Public Keysに、自分の公開鍵を登録しておく。

ローカルなリポジトリの設定とか。

私がmsysgitでやったこと。 $ cd d:myprojecthoge $ git init $ touch README $ git add README $ git commit -m ‘first commit’ $ git remote add origin git@github.com:maccha/hoge.git $ git push origin master

今後コミットする際は、 $ git add hogehoge $ git commit -m 'funyafunya' $ git push origin master な流れになるのかなっと。 githubの内容をローカルに適用時は、 $ git pull origin master

そんなこんなで

無事にコミットでけたーヽ(´ー`)ノわほーい そのうち、さくらのレンタルサーバにgitを入れてみるっていうのも、してみよう。

参考サイト

とってもためになりました。ありがとうございます!! WOMO - github を使うためのメモ。 Numb. - githubをWndowsで使ってみる