読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

さようなら?、ぺりあーく2代目…

ぺりあーく2代目ともさよならかと思いきや、さよならせずに済んだよってお話。

某所で飲んだ帰り、寝不足のせいか眠くて眠くて眠くて仕方なかったのです。 で、距離的にも微妙で中途半端でタクシーを使ったのです。

家に着いたときには慌てふためく結果になっていました。

ぺりあーくが、ない。

その後の流れ。

  1. とりあえず飲み屋さんに電話して確認。ないとの回答。
  2. インストールしていたセキュリティアプリ「A-Secure」を使って、ロックをかけて内部の情報を削除する。
  3. 位置情報が30分毎に送信されるが、初回はわからず。
  4. たまたま覚えていたタクシー会社へ電話するが、車が戻る6時までわからないという回答。レシートがないため車番号もわからず。
  5. とりあえず飲み屋へ行って確認するが、見つからず。
  6. 帰ると、次の位置情報がわかる。某ターミナル駅のタクシープール付近。タクシーに忘れてきたことが確定する。
  7. 仕方ないから、朝まで誰かに盗られることがないことを祈りつつ寝る。
  8. 朝、9時に起床。位置情報を確認すると、タクシー会社にあることがわかり、電話する。
  9. タクシー清掃時にそういった忘れ物の報告がなかったと言われる。
  10. 位置情報がわかることを伝える。電話しながら位置情報を再度確認すると、移動している><。どうやら9時からお仕事に出た模様…。
  11. 位置情報のことで、乗車記録から車両番号を特定する気になってくれたらしい。折り返しの電話を待つ。
  12. 30分後、携帯が見つかった旨の電話が来る。機種特定するらしいのでまた電話を待つ。
  13. 再度電話が来る。 ビンゴ!!>< 翌日取りに行くことを伝える。

とまぁ、そんな感じでした…。自分を盛大に呪ったよ、本当に。 明日取りに行きますが、ネックストラップ買いました(;´ρ`) 本当は斜め掛けのストラップ作るつもりでいたけど…。1週間ちょっとの間にまた同じようなことをしているかと思うと、もうね。ちょっとの間でもやっぱりあった方がいいかな、と(´・ω・`)

はぁ…。とにかく、見つかってよかたとホッとしています。