読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

【19日目】越える波を決めるのは自分

自己紹介

Devlove 4tate Advent Calendar 2011の19日目を担当させていただく@macchaです。 よろしくお願いします。 DevLoveのイベントには今年から参加するようになり、ちょこちょこと裏方のお仕事を手伝わせて貰ってます。

仕事では受託開発に携わっています。最近は、C#でWindowsアプリケーションの開発をしています。 今年で社会人5年目になり、世間一般ではそろそろ「中堅」などと呼ばれてくる頃でもあります。

社会人になるにあたり「まずはお金を稼いで自立した生活をしよう」というのが一番にあったので、仕事へのやりがい云々よりも、まずは仕事をこなすことが頭の中にありました。 それに加えて、色々な仕事がある中で何をやりたいのかがハッキリと自分で見えていなかったため、とりあえず何でも与えられた仕事をやろうと考えていたのもあります。

そんな感じに過ごしてきましたが、徐々に色んな事が見えてきたのか「こういうことがやりたいなぁ」という事がポツポツと出て来ました。

そこに至るまでに随分時間が掛かってしまった気がしますが…。

これまでの4tate

実は、縦サミの懇親会で「Project 4tate メッセージ」の録画をしているときに、私も4tateメッセージを寄せました。 そのときは「Android端末を買ったので、人々が和むようなAndroidアプリを作りたいです!」と言ってました。

が、Androidの開発環境の用意と書籍を買っただけでアプリ開発はやっていません。やるやる詐欺で申し訳ないです…orz

ただ、そういう4tateをした背景としては「誰か個人に何か楽しいことが届くようなモノを作りたい」という思いがあります。 前節で書いた「こういうことがやりたいなぁ」はまさにそれで、「人の目に触れる楽しげな何かを作りたいなぁ」なのです。

そんな漠然とした思いを持ちながら参加した「DevLOVE Hangar Flight ~Snow Barrage~」。ふり返りのPicoDialogで周りの人と話を深めていくうちに、私のこれからの4tateが固まりました。

これからの4tate

とにかく手を動かしてみよう、と思っています。 具体的には「週に(どういう配分でもいいから)5時間は勉強時間を作る」ことをします。 手を動かす前に自分ルールを作らないとやらなさそうなので、ルール作成が一番目の4tateですね。

何か技術とか、自分のウリがないことには何もできないなと思うし、いつまで経っても自信を持てないままでいそうです。 スマートフォンアプリかWebアプリかはまだ考えているところですが、来年の終わり頃には「これを作りました」と言えるモノを持とうと思います。 そしてゆくゆくは、やりたいことをやってお金を貰えるような人になりたいです。 そしてもっと大きなこと言うなら、人に夢を見せられるような仕事でそうなりたいですね。

バトン

さて、次回は20日目。担当は、@WarlockReportさんです。 HFで聞かせて頂いたiPhoneアプリのお話は、私の4tateにも影響を及ぼしています。 わーたんさんの記事、楽しみにしております!