読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

「吉田の日々赤裸々。」を読んだ

 FF14のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹ことよしPがファミ通で連載中のコラムが単行本化しました。よく訓練された光の戦士なので、よしPのことは好きです。すごくお仕事してて、ちゃんと寝ていますか?とプロデューサーレターライブ*1を見てしばしば心配になります…。

 そんな私ですが、この本はFF14やってないけどネトゲ経験者とかネトゲに興味がある人とか、プロジェクトを立て直したいんだ!におすすめだなって思ったので、感想を述べつつ宣伝したいと思います。*2

 

 

 よしだああああああああああああああああああああああああ買ったよおおおおおおおおおお!*3

 

吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか

吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか

 

 

 FF14は一度コケています。本文中では旧FF14と言われている、ver.1.xですね。むろん、あの頃の雰囲気が好きだったという人もいるかとは思いますが…(以下略

 本書には、問題の状況を把握し始めた切っ掛けから、作り替えをしてver.2.xに当たる新生FF14をリリースするまでの思い出話が載っています。FF14の開発陣にはコアメンバーと呼ばれるチーフ陣がいるのですが、その面々の右腕感を垣間見ることもできます。大規模なチームを背負うということは、信頼できるリーダーを配置して、仕事を委譲していくことなんだなぁ…。

 よしP自身、Diabloからのガチネトゲーマーなのでゲームに関する脱線もたくさん。その辺は、元ネトゲーマーな方は共感するんじゃないでしょうか。

 

 立て直しができた/せざるを得ない要因もたくさんあったと思います。でもそれが見事こんなに大成功したのは、トップ(つまり、よしP)の判断力が素晴らしかったのだろうなぁと…。

 新生FF14ってステキやんと思える内容なわけですが…FF11をよくご存知な方は、田中Pのことも心配になるんじゃないかと思います。その辺もほんの少しですが触れてあったのがちょっとうるうる来ました。

 コアメンバーもそうだけど、矢面に立つ人って大変だよね……。その分、報われて欲しいですな。

 

 もし本書を読んでエオルゼア行ってみたいかも?!となりましたら、お声掛け下さい。適度にお手伝い致しますので…!

 お待ちしております。@ぐみぐみ

*1:数か月に一度、次のアプデの内容を答えたりする生放送の動画配信

*2:…Prjの立て直しはちょっと言いすぎか。

*3:よしだあああああと叫ぶのは光の戦士のお約束…みたいな感じ