真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

ゆるキャンに影響されて、ゆるいキャンプが気になる

 ゆるキャン△への憧れ+ロードバイクでお出かけするの楽しい=自転車に乗って行った先で外でラーメン食べたい

 という感じで早速影響されています。とはいえ、諸々の事情で出来ても秋以降かなぁ……という気もしますが。
 屋外で湯を沸かす手段があればやりたいことはできそうだなと思いつつ、こうしようかな~という妄想を列挙。


熱源編

 お湯を沸かすための熱源でも色々あるようです。

  • 焚き火(直火)
  • シングルガスバーナー
    • カセットボンベ缶、アウトドア缶
    • 一体型、分離型
  • カセットコンロ
  • アルコールストーブ
  • 固形燃料(エスビット)


 ゆるキャン△でりんちゃんが最初に使っていたのは、シングルガスバーナー(アウトドア缶、一体型)でした。コンパクトになる組み合わせ。 

 

(ソト) SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310
 

 

 個人的に気になっているのは、カセットボンベ缶を利用したシングルガスバーナー。カセットコンロでもおなじみのイワタニだ。 

 

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

 

 

 あとは焚き火もしたい。りんちゃんが使っていた一人焼肉用の焚き火台もよいですね…。B6サイズになるってのがすごい。 オプションで燗酒つける用のプレートもあるみたいで夢が広がる。

 

 

 とにかくコンパクトで安く、ある程度の調理も可能そうな、SOTOのミニ焚き火台ヘキサも良さそう。網とか使えば色々直火で焼ける。燃料は小枝とか松ぼっくりとかでいいっぽい。

 煤がつくだろうけれども、ある程度焼き切ったものをブラシで払い袋へINしてしまえばいいとかなんとか。 

ソト(SOTO) ミニ焚き火台 ヘキサ ST-942 ST-942

ソト(SOTO) ミニ焚き火台 ヘキサ ST-942 ST-942

 

 

 ヘキサはアルコールストーブや固形燃料の五徳としても使えるので、固形燃料を考えてもいいのかも。もっと小さいテトラってのもあるみたいだけど、鍋が安定しそうだし焚き火は心持ち大きいのがいいなーとかなんとか。

 

 調理器具編

 直火にかけてもいいようなものを考えたい。できれば軽くてコンパクトだけど、お湯を沸かせたりパスタが茹でられるとグッド。

  • クッカー
  • シェラカップ

 

 クッカーはりんちゃんもよく使ってるあれ。寸胴タイプ+フライパンタイプ(寸胴の蓋にできる)の組み合わせで売られているのをよく見る。

 寸胴の中にシングルガスバーナーを収納可能なようだ。荷物をコンパクトにしたい場合はこの辺なんだろうな。 

コールマン パックアウェイ ソロクッカーセット 2000012957

コールマン パックアウェイ ソロクッカーセット 2000012957

 

 

 シェラカップというのもあった。直火OKな工夫がされた金属製計量カップといったところ。様々なサイズがある模様。お湯を沸かしてもよし、そのままマグカップにしてもよし、らしい。やけどしないのかな。カップラーメン作るんならこれでお湯を沸かすだけでOKですね。その後、お茶を飲んでもよし。

 

 

 クッカー+マグカップあたりが王道っぽいので、チョイスするならそこかなぁとは思う。

 

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 450 [容量450ml] MG-143

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 450 [容量450ml] MG-143

 

 

 キャンパーの友人曰く「楽しい部分だけが集まっている」というゆるキャン△。まぁそうだろうけれども、やってみなくちゃわからないのでまずはやりたいと思うのでした。