真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

JFEスチール「春休み工場見学会」に行ってきた!

先週、JFEスチール千葉工場の「春休み工場見学会」に参加してきました!!

見学センターで説明、ビデオ鑑賞後にバスから第6溶鉱炉を見学した後、第3熱間圧延工場の中に入って見学なのです。 その辺の詳細はこちらをどうぞ。

撮影可能だったのは、工場に入る前なので大迫力な写真は撮れなかったし、雨が降っていたので難しかったです(´・ω・`) でもやっぱり、工場はいいね。パイプに煙突、溶鉱炉。 機能美を感じて、ワクワクしっぱなしでした。

特に目玉である、「熱間圧延工場」は熱された鉄の塊をどんどん伸ばして伸ばしていく工場。 20cmの厚みが700m先の最終地点では1cm以下になっちゃうのですよ。 材料がラインを通るたびに、空気が変わりました。見学路からラインは距離があるのに、すごい熱気。 しかも、ものすごい速度でラインを赤い赤い鉄の板が流れていく。 また見たいよ…。

私が撮った写真はこちらにまとめてあります。 午後から晴れたのが憎たらしいっ(>_<)

現在稼動中の第6溶鉱炉をバスの窓から。

DSC_3159

原料ヤード(原料の鉄鉱石とか置いておく場所)の端を走るパイプ群。

DSC_3167

ああ、全てがカッコよかった。

■今回勉強したこと ・原料ヤードの原料は、水を掛けて飛散防止してる ・溶鉱炉は常に燃やしてないとダメになっちゃう ・最近は不況なので、基本的に夜のみ工場稼動。見学の日は特別だよ☆ ・敷地広い ・敷地の中にスラブ(延ばす前の鉄の塊)が置いてある。値段にすると100万くらい。錆びてる。 ・延ばすときは同時に錆びとか汚れのお掃除もするよ ・工場内はオートメーション化されてて、人は殆どいない ・原料ヤード、赤茶けていた。そこでお仕事する人は防塵マスク必須っぽい ・千葉工場は、薄い鉄板をメインに生産してます。(缶ジュースとかそういうやつ) ・鉄骨とかは西日本に多いです