真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

格ゲー動画勢としての推しの話 - 好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022

 みなさん、格闘ゲームというものはなんとなく知っていると思いますが、今プロゲーマーとしてそのシーンで活躍している人のことを知っている人はそう多くはないのではないかと思います。そこで私が追っているストリートファイター5の界隈での推しの話をさせて下さい。

 あわよくば、みんなSFL(ストリートファイターリーグ。今やってる)を見て、スト6やろうぜ。

 というわけで今日は好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022の7日目として格ゲー動画勢として推しの話をします。

 あんまり知らない人でもわかりやすいように書くので、格ゲー勢諸氏は色々ツッコミがあるかもしれません。ご了承下さいませ。

 ちなみに私は格ゲー勢の動画を見るのは好きだけど、スト5のゲーム性はほとんどわからない勢です。

ストリートファイター5のプロゲーマーの推し

梅原大吾(ウメハラ / ウメちゃん/Daigo the beast)

 日本人で初のプロゲーマーである梅原大吾さん。格ゲーやらない人でもその名前は聞いたことがある人はいるのではないでしょうか。

 10代からゲームセンターに入り浸って格闘ゲームにのめり込み、中学生のころには全国レベルの実力に。高校卒業後バイト生活をしつつもゲームを続けていましたが、あるとき格闘ゲームからは離れて雀荘で働くことに。働きつつ麻雀の腕前を磨くも勝負事からは一線を退く決断し、介護職へ……。

 その後、友人から誘われてスト4でまた格闘ゲームに戻り、なんやかんやあってプロゲーマーとしての道を拓く先駆者となったその人です。今でも最前線で活躍する格ゲーおじさんとなりました。すごいよ、ウメちゃん。

 そんなウメハラの活躍は動画でバズったり、マンガになったりと幅広いです。

 私が最初にウメハラを認知したのはニコニコ時代に見た下記の動画でした。どちらかといえば、電波実況がフォーカスされてるネ。

www.youtube.com

 その次はいわゆる「背水の逆転劇」と呼ばれている試合。「レッツゴージャスティーン」とも言われる有名な試合でケンを使って春麗を使うジャスティンに勝っているのがウメハラです。

www.youtube.com

 負け確定では?という状況からの逆転をした海外の大会では大盛り上がりをしました。

 独特な考え方も面白い人なので、今でも配信などで追いかけるのも楽しいです。JRPG大好きおじさんでもあるので、歴代FFシリーズをフィーチャーしているFF14も始めました。その時にはTwitterでトレンド入りする程度には話題になっていました。(今ちょうど蒼天のまんなからへん) 出てくる歴代FFネタをめちゃくちゃ楽しんでいるのが見て取れるので、いちヒカセンとしても嬉しい限りです。

 日本においてプロゲーマーを0から作った偉大な人が今でも一線で活躍しつつけているのはすごいです。

 でも個人的な魅力はそれ以外にもあって、ウメちゃんは酒が入るとほんとうにだめな人になるのです。(動画勢ですらそれを知るに至るくらいには。)だがそれがいい。

 昔のゲーセンで活躍したような格ゲー勢はどこかしら影があるというか、若干クズっぽいところがあったという背景はあります。逆をいえば、そういった受け皿でもあったのだなという清濁飲み合わせたうえで、今後の格ゲープロシーンを思う人。カッコイイぜヒューヒュー。

ウメハラ | 格ゲープレイヤーWiki

ときど(ときんす/とっきー/TOKIDO THE MURDER FACE)

 光のプロゲーマー。あるいは、子供にも見せられるプロゲーマー。格闘ゲームのプロゲーマーの中で最もメディアに出していい人。(実際NHKにも出た)

 中高一貫の麻布高校から東大へ進学し、大学院へ。分野は化学を専攻していたときどですが、幼いころからずっとずっとゲーセンで格闘ゲームをやってきました。

 プロゲーマーとなったウメハラを見て、自分にもプロの道があると考えつつも、これまでの進学状況を考えるとこのままゲームは趣味で生きていくべきかと悩んだそうです。その結果、親に背中を押してもらい大学院は退学してプロゲーマーの道へ。

 「学業は無駄にならないから、プロゲーマーになりたかったとしても勉強は続けようね」の説得力が半端ない人です。それに加え、今後の格闘ゲーム業界のことも考える人。今後この世界が続いていくには?を考えて行動している人です。筋肉を鍛え、どう見られるか?の自己プロデュース能力に長けているタイプなのかなと思います。

 もちろん、ゲームもまだまだ最前線で活躍中。

 Youtubeチャンネルが面白いので、格闘ゲーム知らない人でも是非。コントローラを研究した末に様々な軸のボタンを使ったコントローラを特注して使っているのは面白いし、エンジニアでも知っている名前が出てきたりするョ。

youtu.be

ときど | 格ゲープレイヤーWiki

どぐら(生駒デビル)

 元々アークシステムワークスのゲームを中心に遊んでいた人だが、今ではスト5のプロゲーマー。今では、ぎゃすという妻と娘がいるパパである。

 私がどぐらを知ったのは、伝説の0回戦敗退の動画だったな。ぎゃす氏の反応は今見返しても笑っちゃう。

www.youtube.com

 今では、クソキャラ列伝という動画シリーズで有名などぐらです。クソキャラ列伝を見てまた格ゲーに復帰した人もいるみたいですし、かつてやっていたよって人は見ても面白いかも。

 知らない私でも、ナルホドくんの回は面白かったョ。ふふってなった。

www.youtube.com

 昔は色々なことがあった人のようですが、格ゲーコミュニティ愛を感じる人です。

どぐら | 格ゲープレイヤーWiki

ぷげら(ぷげ兄/ファイナルあつし)

 スト4時代から台頭してきた選手で、いつも片目が隠れている。いわゆるメカクレ属性である。隠れているほうが力が発揮できるらしい。

sf.esports.capcom.com

 SFLサイトの自己紹介を見てもらってもわかるが、ちょいちょいインターネットミームに溢れたコメントをぶっぱなして実況・解説勢を戸惑わせる独特なノリがある。

 FF14をプレイするヒカセンでもあり、最新パッチのメインクエまでは終わっているファイナルあつしである。使っているキャラはかわいいララ白。実況を見て勝手にシンパシーを感じてしまう私です。ギターもうまいらしいので、いつかFF14の曲とか弾いてくれないかな……。

 年齢的には中堅どころ。九州出身で同郷かつ現チームメイトのガチくんと仲良し。ぷげらバイソン強いのは、全然キャラ性能を理解してない私でもわかる。応援してます!!

ぷげら | 格ゲープレイヤーWiki

 全然関係ないけど、声優の深町寿成さんにちょっと似てると思ってる。

 

格ゲー界を支える側の推し

大須晶(豪傑)

 かつてバーチャファイター界隈で豪傑と呼ばれたレジェンドプレイヤー。今はeスポーツフォトグラファーとして活躍している。

 どういう人なのかは下記の動画が詳しい。一見本名にみえる名前だが「地名+キャラ名」の古式ゆかしい格ゲー勢なのだ。 

www.youtube.com

 

 写真も選手のカッコイイところを切り取った華のある写真なので是非見て欲しい。きっと、プレイヤーだったからこそわかる瞬間があるんだと思う。

ohsuakira.smugmug.com

 そんな格ゲー界隈を支える側の人だけれども、この人だけでも面白い。まず、言葉のチョイスが絶妙。古い格ゲーマーっぽい、おじ勢っぽいけれどもそこに独特な単語のチョイスがイイのだ。そして強火のガンダム勢でもある。刑務作業と称してガンプラを磨く配信をよくしている。

 そしてそして、大須もFF14プレイヤーである。6.0のメインシナリオは終わっている暁月クリア勢だ。友に思い入れがある様子はとてもよい。よいんですわ。配信見てました。

大須晶 | 格ゲープレイヤーWiki

こくじん(こく兄)

 スト3rdがめちゃくちゃ強かった人。今は格ゲー界隈を盛り上げるべくの企画運営側に回っているストリーマーなおじさん。格ゲーマー人狼、おじリーグ、格ゲーヴァロラントなど、格ゲーを知らない人が格ゲー勢を知るきっかけになった配信企画を実施していた。

 個人配信だと、初見だとうるさく感じるだろうし、イキり散らしてておぉん?!みたいなおじゲーマーなところもあるが、そういった興行だと思って見るのが吉である。なんやかや面白いおじさん。

 個人的には、こく兄ファンのアダム・スミス兄が数か月に一度まとめる「こく語」なるこくじん語録がめっちゃ面白い。言い間違いだったり、重ねだったり、色々なジャンルの「こく語」である。

www.youtube.com

こくじん | 格ゲープレイヤーWiki

 

まとめ

 見たことがない人向けにわかりやすい格ゲー勢を中心に紹介してみましたが、正直こんなんじゃまだまだ足りない……。

 カワノ、ガチくん、ふ~ど、ももち、YHC-餅さん、Shuto、ナリくん、マゴ、ナウマン……SFL出ている人だってもっとたくさんいるし、個人的には食通でありTOPANGAのにゃん師や、異色な格ゲー勢のミートたけし氏についても紹介してみたかった。そのうちまた第2弾を書きたいと思います。

 もしこの記事を見て、格ゲー勢に興味が沸いたら幸いです。ストリートファイターリーグも現在佳境ですし、なんならそろそろプレイオフ確定です。良かったら見てみてください!観戦だけでも面白いですよ。

 

THE IDOLM@STER SideM でこれを聞いて欲しい:その2 - 好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022

 今日は前日の話の続きだよ!

blog.midnightblue.jp

 

 本記事は 好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022 の6日目の記事でもあります。

 

神速一魂

 元熱血ヤンキーと元インテリヤンキーの高校生二人組ユニット。「オイオイオイ!」とコールとする熱めの曲とライブ会場に立ち上る炎が象徴的ですが、しっとりとした曲もあったりして。声優さんの二人のやり取りもまたライブでは楽しいです。

バーニン・クールで輝いて

バーニン・クールで輝いて

  • 神速一魂
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 初期曲はユニットがよくわかる曲なので、ついつい選んでしまうけれどいい曲! コールがとても気持ちいい。

 「タソガレドキ、Bluesy」も、しっとりとしつつも熱い思いの曲で好き。Apple Musicのサブスクにはまだなさそうだが、こちらも聞いて欲しい。(iTunes Storeにならあった)

 

Cafe Parade

 世間の目よりも自分がやりたいことをやれる場所、それがCafe Parade。そんなカフェの店員5人が理由あってアイドルになったユニットがこちら。同じカフェ仲間なので、すでに絆が存在しているユニットです。

Pavé Étoiles

Pavé Étoiles

  • Café Parade
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 ワイワイみんなで歌う感じのカフェパレの曲の中でも一番好みの曲調なので選びました。劇っぽくてハッピーなんだよなぁ。

 踊りも含めて好きな「Reversed Masquerade」もメチャ好きだし、昼過ぎのカフェっぽいピコピコした「Teatime Cliché」もお茶しながら聞いていたいけど、サイスタでもたくさん遊んだこちらをチョイス。

もふもふえん

 子役からアイドルに転身した3人組。小学生だけれども、芸歴は315プロのメンバーよりも先輩! 可愛い&カッコイイにこだわるユニット。曲も歌詞も元気かわいい感じの曲が多め。

そだてっ!たいむかぷせる

そだてっ!たいむかぷせる

  • もふもふえん
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 従来のもふもふえんとはちょっとちがう曲調だなと思いつつ、好みの曲調。何気なく作った人を見たら、ヒゲドライバーさんが作曲・編曲だった!(そりゃ好きだわ)

 早く大きくなりたい!未来は明るい!って感じでとっても好き。しかもかわいい。

 

S.E.M

 高校生にどうやったら楽しく勉強に取り組んでもらえるか?という悩みを持った高校教師が見つけた解決方法がアイドル! という背景がある3人組ユニット。化学、英語、数学の元教師たちです。

 ライブでウケる振り付け、曲なのですが、歌詞は先生らしい内容だったりして楽しくStudyしようぜ!というところが根幹にあります。笑って泣いちゃう。どの曲もよいです。ライブもめちゃ楽しい。

 ので、個人的にとても好きな曲をチョイス。

サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday

サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday

  • S.E.M
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 勉強関係ない! ひと夏の恋の歌!! でも曲調めっちゃ好き~~~~。さすが大人ユニット~~~~。(メンバーが全員 over 20 って、ドラスタ、FRAME、S.E.Mくらいなのだった)

 

THE 虎牙道

 「ざ・こがどう」は拳でテッペンを取るぜ!という3人組アイドルユニット。仲裁役ラーメン屋&過去ありクール奴&唯我独尊俺様というバランスの取れた構成です。ラーメン食べて仲直り。格闘にベクトルが向いたフィジカルつよつよユニットです。

 というわけで、ライブも殺陣があったりして燃えます。振り付けもメンバーが先生と相談して考えていたりして、大変よい。よいんですよ。

K.now O.nly

K.now O.nly

  • THE 虎牙道
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 Fight!のところが好きだし、研いだ牙で殴りかかる感じのイメージが好き。ドラムがどこどこしているのも好きだな。

 これのライブバージョン見たいんだけど……7th愛知DAY1でやっていたのか……。

 

F-LAGS

 新しい自分になるために、それぞれ一歩を踏み出した3人組がF-LAGS。特に、リーダーの秋月涼くんはSideM以前のアイドルマスターに出ている。

 ひょんなことから女装して女の子アイドルとしてデビューしたいた涼だったが、カミングアウトして315プロで男性アイドルとして再デビューした……という背景があります。メンバーの他の2人も縛られてきたものから離れて、新しい自分になるべくユニットとなっている。

 そんなわけで、今度事務所合同ライブで秋月律子(りっちゃん)と一緒にF-LAGSが同じ日に出演することが確定していてエモエモのエモです。

 F-LAGSは革命や船出といったイメージがある爽やかな曲、かわいい曲多めですね。

Made in「 ♪ 」

Made in「 ♪ 」

  • F-LAGS
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 歌詞の「♪」が smile だったり happy だったり love だったりするのが良い~。かわいい。好きなものをいっぱい増やして楽しい日々を進めていきたいなっていう爽やかでなんか泣けちゃう。 好き。

 

Legenders

 歴史、記憶、言葉、記録……そんなイメージのあるユニット。途中で追加されたユニットのうちの1つ。(悪霊の)掃除屋、雑貨屋バイトの大学生、海洋学の助教授というクセの強いメンツで、結成当初はビジネスな関係性だったところ徐々にユニットとしての信頼関係を築いてきたユニット。

 現実でも中の人は仲良しな様子をTwitterなどでつぶやいてくれるのもニヤリとしちゃう。仲良しを見ているのはとても癒されるのです。(たとえビジネス仲良しだったとしても、やっぱ途中加入ユニットだからメンバー仲良しだって思いたいし思わせてくれるからとてもいいと思うんですよ。だいすき!) 個人的には、2nd Liveの姿でべしょべしょに泣いちゃって推すに至った思い出深きユニット。

 と、推しユニットなのでついつい書いちゃう。あと、歌声が三者三様でとても好き。なので一曲なんて選べないし、全部好きだよ!!!!!! って思うけれど、選びます。

Symphonic Brave

Symphonic Brave

  • Legenders
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 都会のビル街という海原に出航していくイメージのある曲。通勤しんどいーってときもずっとずっとこの曲を聞いて元気だしていた大好きな曲。前向きになれる歌詞と曲でいいんですよ……。発売当時にライブで何度か聞いているのも大きいと思うけれど、やっぱりこの祝福されているような曲が大好きでな……。泣いちゃう。(すぐ泣く)

 ほかにも最近の「Time Before Time」とかもいいよね、曲調。ダンスもいいし。これ2人のラブソングかと思ったけど、3人&プロデューサの中のそれぞれ一人一人同士の関係性にも当てはまるよね? ライブで2人並んだフォーメーションをカメラが抜いていたし、そういうとこもあるよね。

 今に至る時間 という意味合いで付けたタイトルとTwitterでも見たし。つまり、ユニットが今に至るまでの時間と現状ってことですよね? 最高では。

 解釈違ったとしてもいいや。とにかく好き。

 あとアニバの他ユニットと歌ってるのもどっちも好き。「Bet your intuituion!」大好きすぎる。

 Legendersはいいぞ~~~~!!!!

 たくさん書いちゃったけど、贔屓ユニットなので許してほしい。

 

C.FIRST

 一番最近に追加されたユニット。生徒会長3人組ユニット。音楽、絵画、演劇に精通している面々。

 まだ知らないところが多いけれど、色々と抱えているものがあるのはわかるので、それが仲間との活動で解消していくといいなぁという希望を持っているPです。

Not Alone

Not Alone

  • C.FIRST
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 サイスタサービスインの頃のイベントだったので、めっちゃやった曲というのもあるけれど、お気に入り。閉塞感をどうにかしようという気持ちがとても好き。「複雑な夢も 遠慮などいらない 僕ら走り切るストーリー」のところがとても好き。

 他の曲も今までのユニットにないEDM感のある曲で好きです。

 

まとめ

 というわけで、自分なりにSideMの好きな曲を挙げてみました。時間掛かったけど、好きを集めるのって楽しい~~~!!!

 

 好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022 の 6日目はこれにて終わりです。明日も私が書きまーす。

 今度は、ストV格ゲー動画勢として私なりに紹介する記事を書こうと思います。

 アドベントカレンダーにはまだまだお席がございますので参加者どしどしお待ちしております。

 

THE IDOLM@STER SideM でこれを聞いて欲しい:その1 - 好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022

 今日は「THE IDOLM@STER SideM でこれを聞いて欲しい」という曲目をリストアップしていきます! 現時点でサブスクリプションで配信されている曲を紹介するつもりなので、是非興味あったら聞いてみてください。

 なお、個人的な好みがモロに反映されると思うので、見ていても「自分はそうじゃないと思う~」って気持ちになるプロデューサーさんはいると思います。その思いは、是非どこかに書いてもらえると嬉しいです!人のオススメ、私も知りたいので!!

 本記事は 好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022 の5日目の記事でもあります。

リストアップのレギュレーション

レギュレーションは下記の通り

  • 2022/12/05時点でサブスクリプションに配信されているSideMの曲
  • 全体曲はライブで全体曲扱いされた曲とする
  • 全体曲から2曲、各ユニット曲から1曲、ユニットコラボ曲から1曲の計18曲を挙げる

ちなみに私の好みは下記の通り

  • Legenders推し
    • でもどのユニットも好き
  • カッコイイめのクールな曲を好きになる傾向が多い
  • 会場が一体になる曲も好き
  • 4th Live以降あまり追いかけられてないが、サブスクを機に追いかけていこうかなというP

全体曲

Reason!!

Reason!!

  • 315 ALLSTARS
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 SideMアニメのオープニング曲だったので、当初はアニメ登場ユニットでしか歌唱されていませんでしたが、ライブなどでは全体曲として歌唱されていました。そして全員歌唱バージョンのCDも発売されました。そんな背景の曲。

 歌詞の「幕を上げよう」という言葉の通り、始まりを感じさせる曲となっています。明るい曲調で頑張る気持ちをマシマシにさせてくれるし、コールも楽しかった……。そもそも、SideMのキャッチコピーは「理由(わけ)あってアイドル」なので、まさにどんぴしゃりなタイトルです。

 そして歌詞のクライマックスには「最高!誓いは重なって輝きの向こう側へ」と歌い上げるわけです。輝きの向こう側、アイマスでは大事な言葉だと知っているのでここに丸っと持ってくる気合いを感じます。ちょっと泣いちゃう。

 「そうだろ?」はCD音源だとSideMのセンター天道輝が歌っていますが、ライブだと当番担当が歌ったりしますので、そこもまた楽しい曲です。

 

PRIDE STAR

PRIDE STAR

  • 315 ALLSTARS
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 2曲目は滅茶苦茶悩んでのPRIDE STARです。今度発売される「Take a StuMp!」もライブで聞いて最高だったからなぁ……。無論、ビヨドリ(Beyond The Dream)もいいし、ドアラ(DRIVE A LIVE)もいいし、Growing Smiles!もいいし、他もよい。でも、PRIDE STAR好きなのです。

 PRIDE STARの良いところは曲調は少ししっとりしつつもキラキラ輝く星を感じるところ。ガムシャラに頑張っていたところから成長して、少し今までのことを振り返られるタイミングの曲。見える範囲が広がって、またここから仲間と一緒に頑張っていこうという曲と思っています。

Jupiter

 アイドルマスター2から登場しているユニットでしたが、ゲームではライバルという位置づけでした。そのため、765プロのアニメでも出演していたりします。そんなJupiterが691プロを辞めてから315プロへ加入するお話については「Episode of Jupiter」で描かれています。是非!

www.amazon.co.jp

Over AGAIN

Over AGAIN

  • Jupiter
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 この曲はアニメSideMで公開された曲です。「決めた未来へと向かって 何度でも生まれ変わって」という歌詞はJupiterの状況に一致しているし、Jupiterのメンバーの熱さを感じる部分です。

 SideMは何かと星がキーになっているモチーフですが、Jupiterこそ星なんですよね…。歌詞で「惑星は消えない」と書いて「ほしはきえない」と歌うのうますぎる……。

 というわけで、JupiterはOver AGAINを選びました。

DRAMATIC STARS

 SideMのセンターユニット、ドラスタこと DRAMATIC STARS です。フィジカル、インテリ、メンタルの3属性のお手本みたいな3キャラクターが所属しています。

 センターユニットのどセンターである天道輝(熱血元弁護士)役の仲村宗悟さんはSideMで声優デビューです。今では音楽でも活動しているし、劇場版スラムダンクのリョータにも抜擢されていますし、まさにアイドルと共に成長してきました。

 ドラスタで選ぶとしたら大体のプロデューサーが大好きなアレかな…。

MOON NIGHTのせいにして

MOON NIGHTのせいにして

  • DRAMATIC STARS
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 ライブで月が出てきたら大歓声で沸いていたこの曲。心奪われるけど月夜のせいになるので仕方ないのです。ワルい感じの一面が見れて楽しい曲。

 DRAMATIC NOTIFICATIONとかARRIVE TO STARSも好きなんだけど、繰り返し聞いちゃうのはノリのいいこの曲。

Altessimo

 元作曲家、元ヴァイオリニストのユニット。最上の音楽を奏でるという2人らしい、天使が見えそうな曲が多いですね。アイドルとはいえ、ちょっと荘厳(?)な曲多めのユニットです。ライブでは雪や羽が舞い降りてくる。

Infinite Octave!

Infinite Octave!

  • Altessimo
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 Altessimoの曲はTone's Destinyも好きだったんですが、これもイイ!!! 音に耳が幸せになる感じです。

「選び取った」「今日の旋律を抱きしめながら」の掛け合いから「Infinite octave!」に至るあたりの曲が好きだし、中間のインストも好き。最後のコーラスなところも好き。

Beit

 バイト繋がりで出会った3人の王道王子様アイドルユニット、Beit。実は色々な過去をもった3人なのですがお互いを思い合っている様子はまさにバイトファミリー。気持ちがあったかくなるユニットです。

スマイル・エンゲージ

スマイル・エンゲージ

  • Beit
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 TOMORROW DIAMONDもいいし、Fun! Fun! Festa!もワイワイして好きですが、ここは初期曲の「スマイル・エンゲージ」で。聞いていると笑顔が出ちゃうような明るいアイドル曲で好きなんだよね…。

「3、2、1、Let's step!! ずっと夢見~てたんだ~」のくだりがとても好き。

 

W

 元プロサッカー選手の双子という2人ユニット。カワイイ系の二人組なので、プロデューサーからは孫みたいな目で見られている印象があります。天真爛漫で若いイメージもあるけれど挫折(怪我からの引退)も味わっているそんなユニット。

 曲もスポーティなものが多かったり、ライブではダンスが激しめだったりします。会場にサッカーボール(の形をしたバルーン)が飛び回ったことも。

VICTORY BELIEVER

VICTORY BELIEVER

  • W
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 こちらもまた初期曲を。(Jupterとのコラボ曲「カレイド TOURHYTHM」とても大好き) ちょっぴりサッカーアニメのオープニング曲っぽくない? こういうユニットのカラーつよつよの曲が好きなんですよね…。

 そしてライブのダンスがめちゃ良い。是非ライブ動画を見て欲しい……。

 

FRAME

 元公務員三人組の大人ユニット。弟分と真ん中と兄貴分という3人組で、(色んな過去を持ちつつも)メンタルがめちゃくちゃ安定していて安心できるユニット。フィジカルも強いから、そういう意味でも安心できるユニット。「勇気」がキーワードのイメージが強いです。

 なので、ラブソングな「Swing Your Leaves」を歌ったときは(いい意味で)すごい破壊力があったな……。でも個人的にはこちら

Plus 1 Good Day!

Plus 1 Good Day!

  • frame
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 朝出掛けるときに元気をくれる曲!!! まさにそんな感じでサイスタ(SideMのソシャゲ音ゲー)中のストーリーで出てきたのだけれども。すごい好き。

 明るくお家を出られるような曲調に、背中を押してくれるような歌詞。「始まる君の挑戦に 君らしい答えがあるさ 小さな後押しだけど聞こえるか? Hey you(Hey you)大丈夫 Hava a good day!」のサビで出勤したいですね。

 

 「さい」と読む、日本の文化に造詣が深い3人組ユニット。元茶道家、元落語家、元歌舞伎役者というユニットなので、曲調も和風なものが多かったりします。ユニット名をかけて、最高を彩高とか言葉遊びも多い。好き。

 初期曲の「喝彩!~花鳥風月~」も盛り上がって大好きだけれども、こちらかな~

いとをかし!~一彩×合彩~

いとをかし!~一彩×合彩~

  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 彩の曲は感謝や美しさを歌うことが多いと思うけれど、明るくワイワイ歌うこちらが好きだな~。For Youと朋友をかけたりする歌詞も良いので是非歌詞もチェックしてほしいです。

 ファンとの掛け合いがある曲も多いのでライブがめっちゃ楽しいんだよな……。早く声を出せる日が来るといいよね……。

High×Joker

 ハイ・ジョーカー、略してハイジョ。現役高校生5人バンドのユニットなので青春!って感じの曲が多いです。バンド曲多くて楽しい。

 バンドのボーカルをする後輩キャラは「四季」君だし、他のメンバーには春・夏・秋・冬の文字が入った名前になっているので、シーズンを感じる曲も多いのです。学生時代が一番季節の巡りを感じるしね。

SEASON IN THE FIVE

SEASON IN THE FIVE

  • High Joker
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 ハイジョらしい高校生らしさの歌詞で好きなんだよなぁ……。「WE ARE THE FIVE!」の合いの手がとても好き。

 ジャンプしたり大盛り上がりする「HIGH JUMP NO LIMIT」とかも大好き。7th Live東京Day2で突然発表された新曲もめっちゃ気になる。

 

その2に続く

 全ユニット分やりたかったけど、今日中の更新が怪しくなってくるのでその2へ続きます!!

 是非、 好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022 に参加して好きな曲について語ってくれる人を募集しておりますのでご興味ありましたら是非!(宣伝)

 

THE IDOLM@STER SideM がサブスク解禁した! - 好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022

 今日の記事は「好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022」の12/3の記事です。好きなものを語るアドベントカレンダー企画ですが、まだまだ席は空いてますのでいっちょ書いてみようかなと思うは是非~!

 前日はmacchaさんが「憧れの人工知能」という記事を書いていました。私です。

 

 今日はTHE IDOLM@STER SideM がサブスク解禁した話をしようと思います。が、その前にTHE IDOLM@STER SideM(以下SideM)って何?に軽く触れます。

 ちなみに私がどのようにしてSideMに出会ったのは過去記事に書きました。

blog.midnightblue.jp

 わりとライトなプロデューサーなため、プロデューサー先輩におかれましては浅く感じる話が多いかもしれませんが温かい目でお読みくださいませ…。

 

SideMとは

 アイドルマスターというのは、アイドルを育成するゲームのシリーズです。バンダイナムコの一大ゲームシリーズです。

 プレイヤーは弱小アイドル事務所のプロデューサーとなり、事務員さんと社長に支えられつつ、アイドルの卵をスカウトして立派なアイドルに育て上げるゲーム内容というのがシリーズのどのゲームにも共通する骨組みです。

 アイドルマスターのシリーズは事務所の設定を変えて増やし、女性アイドルだけでなく男性アイドルの事務所もできたりしました。事務所数自体が増えました。コンテンツ展開もゲームだけではなく、音楽CDや音楽ライブ、声優さんのラジオ、アニメ、ソーシャルゲーム、マンガなどなど多岐に渡っております。

 SideMはそんなアイドルマスターの中でも唯一男性アイドルの事務所となっています。その名を315プロダクション。最高に濃いキャラクターを持つ、理由(わけ)あってアイドルになった人たちが多い事務所です。

 元々社会人だったキャラクターがひょんなことからアイドルになったり、現役大学生、現役高校生、現役子役と設定の幅が広いのも特徴的です。

 SideMの個人的に感じている魅力の一つには、登場人物に元社会人が多いことで些細なすれ違いが少ないことが大きなポイントです。話せばわかるし、相手のことを慮れるので、話がこじれることが少なく見ている側もストレスを感じることが少ないのです。この辺は、ほのぼの系が受けることに近いと考えています。(もちろん、全キャラクターがそういうわけでもなく、すれ違うことはもちろんありますが、最終的にはハッピーです)

 とまぁ、ゲームやストーリー、キャラクター面から話すとそうなんですけれども、私は最初触れたのが音楽ライブだったので、音楽の話を進めます。

 

SideMの楽曲の話

 SideMの楽曲はダウンロード販売はあるものの、これまでサブスクリプションにはありませんでした。主にCD販売がメインであり、ダウンロード販売では無いトラックなどもありました。

 そのため、SideMの曲を人に勧めたくても、基本的にはSideMの音ゲーをやってもらうかCDを貸すかといった方法しかありませんでした。しかし、SideMに登場するアイドルユニットは16ユニット。そして、アイドルは49人います。コンテンツが始まって8年もすると、発売されている楽曲は膨大となります。

 それだけでちょっと圧倒されるというのに、音楽を聴くにも購入するほかない……という状況はちょっと辛い。ちなみにこの状況は、アイドルマスターの他の事務所でも同じ状況でした。

 今年、アイドルマスター楽曲をサブスクリプション解禁するというニュースが夏に出ました。ワクワクして待っていたところ、突然に、本当に突然に12月2日にSideM楽曲が解禁されました。しかも一気にほぼほぼ全部の曲が。

 イマドキ、音楽配信のサブスクリプションに加入している人も多いと思うのでこれは人に勧めやすい!!! 今こそ、お気に入りを知らない人にも聞いてもらえるチャンス!!!!!!!! とSideMのP(プロデューサー)は浮足立ったわけです。

 そして私もプロデューサーの末席にはチラリといるPでございます。ちょっと触れてない期間などもあったり、サブスクによって触れられた曲もあったりします。が、それはそれで新しい気持ちで触れたということで、お気に入りの曲をご紹介出来たらいいなって思います。

次回へ続くッ

 お気に入り曲をまとめようとしたけれど、うまいこと今日はまとまりませんでした!!!!!

 自分が純粋に好きな曲、初めて触れる人向けの曲……。色々考えるのたのしぃ……。というわけで、続きは次回にしたいと思いま~す。(・ω<)

 是非、ご契約中のサブスクリプションで「THE IDOLM@STER SideM」を探してみてくださいね。

 

好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022」、明日はふこたさんが「大好きなB'zについて書く」ということです! ご参加ありがとうございます!!!

 B'z、私は「Tresure」が流行っていた頃にアルバム買った思い出があります。いつ聞いてもいい曲ですよね。お話し楽しみにしておりま~す!

note.com

 

結婚しました

 結婚しました。12月3日。1・2・3の日です。つまり、プレイステーションの日です。ゲーマーには覚えやすいね。

https://image.midnightblue.jp/blog/16699935103821.jpg

 かれこれ同棲して8年弱とかなので、むしろ「えっ まだ結婚してなかったんだ?」という人もいるかもしれない。してなかったんだな。色々めんどくさがって伸ばし伸ばししてたらコロナ禍に入ったりなんだりしたけど、婚姻届を出すに至りました。

 私自身、ある面ではしっかりしているように見せて、実のところ忘れっぽいし、だらしないし、浮き沈み激しいし、いろいろアレな人間とわかって長年付き合ってこられた上に今後も付き合っていく気持ちのある夫の人はすごいなって思ってます。うん。今後とも仲良く趣味を謳歌しながら暮らしていきたいと思ってます。

 仕事では旧姓のままビジネスネームで働くつもりだし、DINKs世帯だし、結婚しても生活はこれまでと変わることなく続いていくのです。

 ちなみに、式は挙げずに来年の秋とか冬にウェディングフォトくらい撮っておきたいって思ってます。史上最大にダイエットがんばりたいね、来年。

 

 というわけで、これまで通り、気軽に飲みに行ったり、遊びに行ったりしてくださいな~。

 

憧れの人工知能 - 好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022

 ちょうどTwitterでChatGPTが話題になってますね。私も初めてChatGPTに触ってみました。これまでにもチャット形式の人工知能はありましたが、それよりも随分と長文でなんかそれっぽくお話ししてくれる印象があります。フィードバック機能もありますし、今後より一層の発展を期待したいですね。

 そんな今日は 好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022 の12/2記事として「私の憧れの人工知能」について語ろうと思います。

 自分語りだぜ!

あなたの人工知能好きはどこから?

 私は「ウォー・ゲーム」という映画から。

ウォー・ゲーム [Blu-ray]

ウォー・ゲーム [Blu-ray]

  • マシュー・ブロデリック
Amazon

 この映画では、主人公のクラッカー男子高校生がゲーム会社所有の「ジョシュア」というホストコンピュータにハッキングしてゲームでキャッキャ遊ぶところから始まります。「ジョシュア」は人工知能を持つかのようなふるまいをし、男子高校生と一緒に戦争ゲームを始めます。が、実は男子高校生がハッキングしていたのはNORADのコンピュータであり、現実で戦争が始まりそうになる……。ざっくり言うとそんなあらすじです。

 これはエンタメなので現実にありえないような人間的ふるまいを人工知能がしています。が、これが幼少期の私には刺さった。

「ジョシュアみたいなコンピュータとチャットしたりしたい」

 そんな憧れを持ったまま成長し、人口無能、ペルソナウェアなどを楽しむ十代を過ごしていきます。

 大きくなるとジョシュアみたいなプログラムはないし、あってもいくつかのパターンから適当に単語を入れ替えていることや、人間がある程度文章を作って配信していることを理解していきます。

人工知能がめちゃくちゃ注目されたニュース

 そんな十代で、人工知能 vs. チェスのチャンピオン というイベントが行われたことを知ります。「ディープ・ブルー対ガルリ・カスパロフ」です。

ja.wikipedia.org

 私はリアルタイムで試合を知ったわけではなく、NHKの特集か何かで知りました。その後も学校の授業でみんなで見たり、再放送を見たりと幾度となく見てしまう番組でした。

 滅茶苦茶高性能なコンピュータでパターン検索しただけとは思いつつも、人工知能と呼ばれるものが人間に追いついてきたことをひしひしと感じたからです。

 そこから濃い青は大好きになりましたし、なんなら自分のPCにDEEP BLUEってマシン名つけるようになったり、ゲームのグループ名としてとりあえず作っておくくらいには思い入れのある名前となりました。

 

余談:で、なんだかんだ大学編入を考える時には人工知能…しかもエージェントシステム関連の研究室があるところを選びました。希望通りに研究室に所属したものの、ダメ学生になっていたので在学中にモノになった研究って結局私には無かったけれども、でも楽しい学生生活でした。

創作上の人工知能

 大学生になって時間やお金が十代よりも自由になると、色んなアニメやゲームに触れることになりました。そこで刺さった人工知能は「タチコマ」と「独立型戦闘支援ユニットADA」です。

 前者はアニメ「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズに登場する思考戦車。多脚なところがプリティですし、あっけらかんとした喋りも可愛さをアップしています。

 後者はゲーム「ZONE OF THE ENDERS」シリーズに登場するロボットに搭載されている人工知能です。操作説明を行ってくれます。最初は目的を達するための効率重視なツンデレちゃんです。なお、現実に存在するプログラミング言語Adaは軍事系システムで利用されてきた背景もあり、ナイスなネーミングと言わざるを得ない。

 そしてどちらの人工知能も人間とのやり取りの末に人格らしきものを獲得していきます。プログラムなのに!!まるで人間!!!

 はー、かわいい。

とまぁそんなわけで

 ずっと人工知能へのあこがれがくすぶり続けているわけですが、ここにきて大変好みのチャットAIが登場したわけですね。

 絵の人工知能が登場してきたときよりもテンションあがっているのは、このチャットが、膨大なデータからの機械学習・推論の結果に依るものだとしても、私からみたらまるで人間のような、マスコットのようなふるまいをしてくれる存在に見えるからです。

 つまり、私にとっては大変エモーショナルな存在なんですね。ぎこちない会話すらこれからの成長を期待させてくれるように思えて可愛いのです。

 「いつか名前をつけさせてくれるようになるといいな」とか「自分用にカスタマイズ出来て、好みとか覚えてもらったうえでサジェストしてくれるといいな」とか「もっと口調を変化させられるといいな」とか思いは尽きません。

 

 

 かわいい助手の動向をしばらく見守っていたいと思います。

 

 さて、好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022の明日の担当は現時点でまだ居ません。もしよかったら誰か登録してね!

 居なそうだったら私がまた何か好きなことを書こうと思いま~す。

ブログを書くのも楽しいぞい - 好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022

本記事は 好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022 の1日目である、2022/12/01 の記事です。

Advent Calendarとは何ぞや?

 Advent Calendarとは何ぞや? わかりやすい解説を引用します。

Advent Calendarは本来、12月1日から24日までクリスマスを待つまでに1日に1つ、穴が空けられるようになっているカレンダーです。WebでのAdvent Calendarは、その風習に習い、12月1日から25日まで1日に1つ、みんなで記事を投稿していくというイベントです。

好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022」で利用しているAdventarは、WebでのAdvent Calendarをやりやすいようにしてくれるサイトです。 Adventarのトップページでは、様々なAdvent Calendarが企画されているのがわかりますね。 

何故書くの?

 私にとっては、楽しいからです! 自分が書きたいことを書く!! 楽しい!!!

 そして、書くことで参加してみたくなる人が現れることも期待しています。何故なら、読むのも楽しいから!!!!

 自分が知らないコンテンツだけど、楽しそうにTwitterでつぶやいている人を見るのは健康にいいと思いませんか?(思います。) いい沼にお浸かりの様子を見ていると、心がウキウキしてしまうんです。

 そんな楽しい連鎖を生み出すイベント毎がこのAdvent Calendarだと思ってます。最近はアドカレとも略されるらしいですね。

参加方法は何でもよい

 参加方法は何でもよいです。

 Twitterで連ツイしたURLをあとでAdventarに登録するもよし、Instagramに写真・画像と共に投稿してもよし。ブログやNote、Notion、Scrapboxなど、長文を記録できるサービスだっていいし、なんならGithubでもよい。

 URLがあって、だれでも見られる場所にあればOKです。

 本記事みたいに長く文章書かなくていいんですよ。

ブログを書くのは楽しいぞという個人的な話

 ただ個人的には、後々自分で閲覧しやすいサービスが良いんじゃないかなと思っています。私の一押しは何らかのブログです。

 当ブログはなんと2007年の記事が残っております。15年前なんてほぼ別人のような自分ですが、当時の楽しい気持ちを綴っています。若い頃の記録でも、これだけ時間が経つと温かい目で見返せるものですね。こんなことが出来るのも、ずっとブログを続けてきたからですね。

 ちなみに、過去のAdvent Calendarに参加したときのエントリーも残っています。いやー、照れますね。照れますが、書いておいて良かったなぁと思ってます。

 そんなに続けるなんて大変では?とお思いのあなた、なぁにそんなに私も書いてないですよ。年に数記事です。でも、「いつでも書ける場所がある」というのは、それだけで継続的に記録することを後押ししてくれます。

 気になる人は、今始めるのが一番記録を蓄積できるタイミングとなっています。今がこれからの人生で一番若いのと同じ理論ですね。

参加しようぜ!!!

好きなコンテンツを語ろうぜ Advent Calendar 2022 
まだお席はたくさん残っております。是非エントリーしてくださ~い。

明日 2022/12/02 は maccha さんが「好きな何かについて書く」だそうです。楽しみですね!(わたしです)

 

おまけ:過去参加したAdvent Calendar記事

blog.midnightblue.jp

 

blog.midnightblue.jp

 

blog.midnightblue.jp

 

blog.midnightblue.jp

 

blog.midnightblue.jp

 

別ブログだけどFF14ネタでめっちゃ書いてたこともあった

2014-12-01から1ヶ月間の記事一覧 - おもちくわ帝国