真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

Xperia 5を買った際にやったことメモ

Xperia 5を買って、まずやったことあれこれをメモしておく。Android Pieになってちょっと戸惑った箇所もあり。

  1.  ホームアプリの変更
    設定>アプリと通知>詳細設定>標準のアプリ>ホームアプリ>Xperiaホー
  2. ATOKへの変更とキーボードサイズ変更
    ATOKインストール後:ATOK起動してキーボード設定
    キーボードサイズ変更:キーボード表示中に高さ調節バーで調整。バーが表示されていない場合は、「あA1」ボタンを長押ししてATOKメニューを表示し、高さ調節を選択。
  3. アンビエント表示(ロック画面より前に表示される黒い画面)をしない
    設定>外観>アンビエント表示(Always-on display)>アンビエント表示のタイミング>OFF
    他もろもろOFF
  4. アプリインストール&引継ぎ

 

ホームアプリ変更は毎回やってるけど戸惑うので……。自分の為にもメモメモである。

Xperia 5のバンパーやケースについて調べてみたよ

毎回(自分の中では)恒例のバンパーやケースについてまとめる! 

■安定のメーカー編(バンパー中心)

アルミニウムのバンパーを安定して製造してくれているDeffは今回もXperia 5向けに作ってくれている。
カラーバリエーションも本体カラーに合わせてあるのでうれしい!
ストラップホールもあるので嬉しい。

CLEAVE Aluminium Bumper CHRONO for Xperia 5
https://deff.co.jp/product/dcb-xp5ch

 
Deffからは他にも、アラミド繊維という強度の高い素材をつかったケースが出ています。軽くて強い!のは魅力的ですね。こちらは素材カラーなのか黒のみ。シックであります。

Ultra Slim & Light Case DURO for Xperia 5
https://deff.co.jp/product/dcs-xp5kvmbk

 
手帳型ケース派にも。

clings SLIM HAND STRAP CASE for Xperia 5
https://deff.co.jp/product/dcs-xp5cpl

 

アルミニウムのスマホグッズを作っているalumania(アルマニア)もXperia 5のバンパーを開発中の模様!
開口部にこだわって制作されているようなので楽しみですね。
こちらは他の製品と同じくストラップアタッチメントを付ける形になるのかなと想像。ホールにせよ、タッチメントにせよ、ストラップつけられるのは本当に助かる。

info.alumania.net

 

GILD designはAndroid向けのバンパーはここ最近作られていないようですね……。Xperia 5用も望み薄い感じがします。

 

■安定のメーカー編(ケース中心)

 堅牢さはアルミニウムなどのバンパーに譲るとしても、カスタマイズ性から透明ケースもなかなかよいです。スマホ本体と透明ケースの間に好きなステッカーを忍ばせておけば、実際に貼らずとも済むので。そしてバンパーなどに比べたら安い。
 というわけで透明ケースで良さそうなやつをピックアップします。

 安定のラスタバナナ!!! ラスタバナナはAndroidでもちゃんとグッズ作ってくれるとわかっているのでありがたい。透明ケースでも色々とバリエーションがあるのが嬉しい。
 ちなみに、先代スマホだったXperia XZ premiumはラスタバナナの透明ケースに長らくお世話になりました…。最終的にケースの角がだいぶ削れていました。めっちゃ守ってもらえたんだなぁ。

 今回一番シンプルで良さそうなのがこちら。 ラメ入りの透明なのが可愛げがあっていいなって思います。ラメなしもあるので、そこは好みかな…。

 

 ■自分が選択したのは…

 ラスタバナナのハードトライタンクリアなケースにエレコムの衝撃吸収フィルムをチョイスしました。 

 付けた直後は多少あった気泡の跡も いつのまにか消えたし。よく落とすので衝撃吸収してくれるやつは嬉しいですね。ガラスフィルムも気になったけど、よく落として割るだろうからなぁ…と。

 そして必須なのはハンドストラップ。本体がそこそこ大きいので、こういうのがあると安心感が 得られます。リングストラップが人気だけど、私はハンドストラップ派。最近あまり見ないので、継続して発売していてほしいですね……。

 

 そんなこんなでまた便利なアクセサリを見つけたら更新して紹介したいと思いま~す。

2020年の手帳とか

 ぼちぼち来年の手帳が発売されてきました。そんなシーズン。というわけでちょっと振り返ってみます。

 今年(2019年)の運用は下記の日記でまとめています。 

blog.midnightblue.jp

 

 仕事用もまぁいい感じです。書き込んでないページあるけど、まぁ書く時はそれなりに書くので広さは欲しい。2020年も、EDITの1日1ページのものにするつもりです。 

 

 2019年のプライベート用は、MDノートダイアリーの1週間分を見開き2ページ仕様。文庫サイズ。 

ミドリ MDノート ダイアリー 手帳 2020年 文庫 マンスリー 27836006 (2019年 12月始まり)

ミドリ MDノート ダイアリー 手帳 2020年 文庫 マンスリー 27836006 (2019年 12月始まり)

 

 
 書き忘れても、食べたものとかを後追いで二言三言書いてます。なんだかんだ続いている。大して内容がないので全然読み返す気にならないけど……。
 読み返す気にならないのは、万年筆が中字&私の筆圧が強め&字がデカいので若干窮屈な感じがあることにも起因しているかも?

 というわけで、1日1ページの仕様にしてみようかなと思い、MDノート ダイアリー 1日1ページ仕様に変更しました。日付入っていないので、もう早速切り替えちゃったもんね!!(買うと年が変わるまで待てない奴)

 

 カバーは引き続き、2012年のほぼ日手帳のヌメ革にしたかった。いい感じの色になってきましたし。
 しかし残念なことに、MDノート ダイアリーの1日1ページ仕様に対応したカバーは販売されていませんでした……。ほぼ日手帳のカバーも入らなかったョ。
 紙が肉厚なこともあるかなと。この紙が好きなのでそこを譲るわけにはいかぬ。

 というわけで、市販の文庫カバーにしました。これだと厚みに対応ができるので。ヌメ革の良さとか、持っている嬉しさはちょっと減ったな……。しかし、今のところは問題なく書けているからしばらくこのカバーを続けます。

 

 ゆくゆく「このサイズ感でいけるな~」と思ったら、フルオーダーのお店でカバーを作って貰おうかなと思っているところ……。

 1日1ページの日記は、ざっくりでかい文字で書けたり、なんなら落書きが出来たりするので悪くないなという感じです。文庫サイズというのもいいのかも。

 ブログ載せる用見本ページだっ

 ふでDEまんねんの書き味は初めてで、落書きに楽しい感じです。インクフローがまだ読めないけどそれもまた楽しい……。
 ペンもインクもそんなに増えないマンですが、ふでDEまんねんと作って貰ったインクはお気に入りですね。

Garminコーチとダイエットするぞ

♪お願い(Garmin)コーチ めっちゃ(足)回したい お願いコーチ めっちゃ痩せたい YES!!♪

※「お願いマッスル」の曲調で

 

 ペダルは回したいし、坂は楽に上りたいし、めっちゃ痩せたいし、めっちゃ痩せたいし、あわよくばハーフマラソンとか走れるようになりたい。痩せたい。

 〇年ぶりn回目のダイエットスタート宣言ですが、今年のダイエットは本気度が違う。何故なら健康に影響があるからだぜ☆

 人間ドックを受け始めて3年。無呼吸症候群の疑いもそうだし、心陰影の拡大の疑いもちらほらと見え隠れしてきているここ数年です。どっちも肥満は原因の一つらしいんですよね。
 確かに、若いころから体重〇〇kg増えたし……。去年のドックからも〇kg増えてるし…体脂肪率もとてもアレだし……。健康に趣味を楽しんで生きていきたいから、そろそろちゃんと考えようかなっと。
 健康>体型なところに色々思うところはありますが、目的を達成すればどちらも得られるんだからよかろう。

 自転車で痩せるのが私としてはベストなんだけれども、今の生活で自転車による痩せは狙えそうにないのです。なぜならば、朝早く起きられないし、自転車通勤はNGだし、夜の車道走るの怖いし、ローラーを家に置けないのです。
 根性で何とかしろ? HAHA, 何ともならなかったから今に至るんだぜ? ;-D

 じゃあどうするかというと、ランニングです。
 ランニングはしんどいですが、自分のペースで走れている限り割と好きな運動です。
 ランニングならば歩道を走るので夜間でも大きな通り沿いなどを走ることが可能。つまり早起き不要。私服OKの職場ゆえ装備を整えて出社すれば、帰宅ランができそう。帰宅ランなら、帰宅後に着替えて走るよりも時間の節約になるし、「もう外に出たくない~」という状況を作りにくくできそうです。

 というわけで、ランニングならば続けられそうな環境を作れそうな感触。それを補強するためにも、もう少し継続できる仕組みを考えます。

 ちょっと前にランニングシューズを購入したし、Garmin ForeAthlete 645っていうGPSと心拍数計搭載のスマートウォッチも購入しました。つまり、とてもランニングしやすいアイテムを手に入れています。モチベーション+
 しかもこのForeAthlete 645は、Garminコーチという機能にも対応していた! 私の実力(走った記録)を見て、5km走れるようになるトレーニングプランをいい感じに考えてくれるのです。やったぜ。このプランを守るように頑張り続ければ、続けていけるんじゃないかな? モチベーション++
 トレーニング関連のUI、よくわからん言葉(VoMax…?)等が出てくるから目をつぶっていたけど、これを機にちゃんと説明書を読んでみたよ。案外なんとかなりそう。

 

 で、とりあえず一週間やってみた。そこまで筋肉痛が残らない感じなのは嬉しい。無理せず、しかし週3回のスケジュールをこなしていきたいと思います……。

固いプリンを求めて……「喫茶トリコロール」に行ってきたよ

 御徒町には昔から有名らしい固いプリンで有名なお店があるとの情報を以前から手にしていました。前エントリで書いたように「egg baby cafe」でプリンを食べられませんでしたので、こちらなら!と行ってきました。

 買い物がひと段落したところで、松坂屋上野店へ。(上野店とは言いつつも、場所はほぼ御徒町ですね)歴史を感じるデパートの4階にある「喫茶トリコロール」が今回のターゲットです。

 ランチ時だったので、周囲にはランチメニューを頼む方が多かったです。ナポリタンを注文していらっしゃるご婦人がいて……なんだかよかったです。私もナポリタン食べたかった。

 ホットケーキやアップルパイも気になったけれど、今日はプリン! 飲み物とセットの手作りプリンセットをチョイス。

 プリン~♪

https://image.midnightblue.jp/blog/DSC_0399.jpg

 ほんのり苦いカラメルソースがひたひたしています。プリンのカラメルソース面はすこし固く、プリン本体は舌の上でなめらかにつぶれます。
 生クリームはそこそこ甘くてどっしりとホイップ。大量には食べられないけど、プリンには申し分ないですね。

 懐かしい純喫茶なお店と王道固いプリンでした。ランチタイムでおおむね席は埋まっているけれど、めちゃんこ並ぶというわけでもなくて再訪しやすそうなのも個人的に嬉しいポイントです。

絶品ゆで卵のたまごサンドのカフェ「egg baby cafe」に行ってきたよ

 御徒町に買い物に行く用事があったのでそのついでにと、前にテレビで見て気になっていたたまごサンドのお店に行くことにしました。

 そのお店のたまごサンドは、黄身がトロトロのゆで卵をふんだんに使ったもの。見た目もおいしそうだけど、そのゆで卵が何よりもおいしそうで……。しかも、そのお店のプリンが固くて有名なプリンだそう! そこも気になってました。

 混むらしいからとオープンタイミング10時を狙って行ってきました! JR御徒町より南側の高架下にある「egg baby cafe」です。

 席は自由で、カウンターで注文と支払いをする形式のカフェでした。シンプルながらシャレオツな雰囲気です。
 オープン直後はランチタイム。デザートは14時からということで、プリンはありませんでした……
 プリンはまたの機会として、待望のたまごサンドを注文。開店直後の忙しさで調理に時間が掛かるとのことでした。のんびり待つこと15分くらい。

 じゃじゃーん。

https://image.midnightblue.jp/blog/DSC_0398.jpg


 黄身が流れる…!! たまごサンドのゆで卵、黄身は液状で白身はしっかりです。でも火が通ってないわけじゃなく、なるほどなー!
 ゆでたまごをつぶしたタイプのフィリングも入っていて、こちらは刻まれたピクルスが混ぜ合わせてあります。この酸味と食感もおいしぃ。
 黄身のおかげで食べるのは大変ですが、おいしいから許せる。ウェット紙おしぼり大活躍です。

 10時に入って11時前には大体の席が埋まってきました。おなかもいっぱいになったので早々に撤退して、メインの用事である買い物へ……。
 お店の外には列はできていませんでした。列が形成されるのはデザート狙いの時間帯とかなのかな…?

 なお、お隣の「東京ブッチャーズ with OKACHI Beer Lab」とは系列店のようですね。東京ブッチャーズ、肉バルとして評判がよさそうなので行ってみたいと思っているところ。何しろ私が大好きな神保町の「ラムミートテンダー」とも系列店なので間違いないはず…!!!

 御徒町、ほかにも行きたいお店があるのでまた足を延ばしたいところであります。

蒲田で餃子を食べて来た@「金春本館」

 ちょっと前に「蒲田で餃子ぱーりーしてきた」とフレンドから聞いてから気になってました。ちょうどスポルで大井町に来たことだし、せっかくなので蒲田まで足を伸ばしてみることにしました。JR大井町駅から京浜東北線で2駅ほど下ったところにJR蒲田駅。

 JR蒲田駅の東側には京急蒲田駅もあり、その2線の間に飲食店やら商店街やらがひしめきあっているようです。

 まずは商店街の中にある「金春本館」へ。タイミングよくさっくりと入店。町の中華料理屋といった感じの店内です。基本のギョウザがえらく安くてお得。

 羽付き餃子が6個で300円。

https://image.midnightblue.jp/blog/_20190820_174516.jpg

 もっちもち水餃子10個で500円。

https://image.midnightblue.jp/blog/DSC_0358.jpg

 三鮮蒸し餃子は10個で1000円。この蒸し餃子がジューシィでめっちゃおいしかったー!!

 みんな大好き空心菜の炒め物。ニンニク&唐辛子の塩味で、間違いないうまさ。冷えた生ビールとよく合うものだから、あっという間に消費しちゃう。

 蒸しパンは個人的な強い希望で注文。ほんのり甘くておいしい……おいしい……。無限に食べられてしまうんだよなあ。

 その他にも色々食べたけれども割愛。お得にうまかったです。

 蒲田、もうちょっと攻略していきたいな~。昼から飲める飲み屋も色々とありそうなのです。気になるよーん