真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

リアル脱出ゲームという沼

 この記事は 沼 Advent Calendar 2018 の 2日目の記事です。

 1日目は@tmd45さんの「インク沼に足首らへん?まで浸かっている話 - TMD45'β'LOG!!!」でした!! インク沼楽しそう…(^p^) 指をくわえて読みました!

 読んでない方は是非是非読んでみてくれ~ちょ。まだ参加枠もあるようなので、お気軽にご参加を。私は人の沼を知りたい!読みたい!!!

 

さて、それでは私の話に。

 

 「リアル脱出ゲーム」というのをご存知でしょうか? 「ある事情から部屋に閉じ込められてしまい、そこからの脱出をはかる」というTVゲームの脱出ゲームを現実にやってみよう……という趣旨の遊びです。脱出するためにはパズルや謎、暗号などを解き明かしていく必要があり、さながら探偵にでもなった気分が味わえるのです。
 「リアル脱出ゲーム」というとSCRAPという団体の商標ですが、現実で行う謎解きゲームは現在様々な団体が企画・運営しています。

 

 私はSCRAPのリアル脱出ゲームを全部でないにしても継続して通っています。それくらいの魅力があるってことですかね……。というわけで、現在都内で開催中でオススメのゲームをいくつか紹介してみようと思います。(全国各地に店舗はあるのですが、私が体験がベースなので都内のばかりでゴメンナサイ……。ただ、公演が巡業したりするのでお近くの店舗で公演の際には是非!)

 

realdgame.jp

 

目次

 

とりあえず手軽にやってみたい

 新宿歌舞伎町に「東京ミステリーサーカス」という施設があります。ここでは常時いくつものゲームが開催中です。
 ここで開催中の「MYSTERY MAIL BOX」というシリーズは、とりあえず手軽に体験してみるのにオススメです。封筒に入った手紙をベースに、紙とペンで謎を解き進めていきます。探索が発生しても館内で完結するため、移動距離も少なくて済みます。
 リアル脱出ゲーム というわけではないですが、謎を解く楽しさは味わえますし、一人でも仲間内でも楽しめるのがポイントです。

「MYSTERY MAIL BOX」にはいくつか謎の種類があったり、コラボものがあったりします。このあたりはご自由に~。
プレイ時間は30分~60分くらいかな?と思います。

mysterycircus.jp

mysterycircus.jp

 

※時間に融通が利くし、移動距離があまりないから体力的にもやさしい…


プロジェクションマッピングでワクワクしたい方に

 テーブルに着席し、プロジェクションマッピングによる演出で謎解きしたい方には下記の2つがオススメです。テーブル上に様々なモノが映し出され、それに対して干渉を試みていく感じが楽しいですね!

www.scrapmagazine.com


ある魔法図書館の奇妙な図鑑/東京ミステリーサーカス

 

 なお、前者の「不思議な晩餐会へようこし」が1グループの人数が5人のもの、後者の「ある魔法図書館の奇妙な図鑑」は6人のものなので注意。
 参加人数以下で参加する場合、運営が他のグループの方とマッチングして一緒のグループとなります。人数を揃えていくもよし、他の参加者さんと協力して楽しむもよしです。
(基本的に他のゲームもそんなシステム)

※まぁ、私はまだ魔法図書館やってないんだけどね! でも、不思議な晩餐会が面白かったから間違いないよ!!!!


ストーリー重視で楽しみたい方に

 ストーリーが良いと話題のこちらの脱出ゲームがオススメです。基本的にはテーブルに着席して謎を解いていく形式です。紙とペン、その他のアイテムを駆使して謎を解きます。
 公式ランキングでもストーリーが良いと評判で上位に位置していた「君は明日と消えていった」のリバイバル公演と、その製作スタッフが作成した新たなゲーム「さよなら僕らのマジックアワー」です。

mysterycircus.jp

mysterycircus.jp

 

 こちらの2公演はどちらも4人で1グループです。ストーリーのイントロからもわかるように、ちょっと切なめのストーリーです。

※まぁ、私はまだマジックアワーの方やってないんだけどね!!! でも、君は明日と~は心に残るくらいには良い話だったのでオススメ!!!


部屋をめちゃくちゃ探索したい

 部屋にある家具を動かしたり、ひっくり返したり、這いつくばったりして謎を解きたい方には、こちらのゲームがオススメです。
 個人的にはこの形式のゲームが一番謎解き感あって大好きです!!!

 下記の2公演は長~い期間開催されているだけあって、よく謎が出来ていると思うし、面白いです。他のゲームよりは人数が多い10人の公演となってます。色んな視点で謎を解いていく楽しさが味わえる、かも!

realdgame.jp

realdgame.jp

 

※都内だと東新宿で開催されることが多く、ここで開催するゲームは大体安定した面白さだと思ってマース!!


タイムループものが好きな方に

 リアル脱出ゲームではなく、リアルタイムループゲーム! 詳細を言うとネタバレになりそうなので言わないけれど、リアルタイムループが楽しめます。
 現在は第二弾の「アイドルは100万回死ぬ2」が開催中ですが、第一弾だった「アイドルは100万回死ぬ」が今度リバイバル公演されるらしいですよ。

アジトオブスクラップ下北沢ナゾビル | <下北沢>アイドルは100万回死ぬ2

 

 こちらも探索系と同じ10人で謎を解きます。人気なのでチケットもなくなりやすいですので、要チェック!

※死のループから抜け出すように奮闘するので、シュタインズゲートが好きな人はハマるんじゃないかな。面白いよ!!!


親子で楽しみたい方にオススメ

 気軽に親子で参加できるものもあります。子供が好きなキャラクターだったり、街中を歩きながら謎を解く形式なので時間に融通がききます。
(好きなタイミングで休憩したり、また続きは後日に出来たり……「MYSTERY MAIL BOX」もそうだけど。)

realdgame.jp

realdgame.jp


※どちらも未プレイだけれども、下北沢でドラゴンボールの謎解きをやっている親子連れをちょいちょい見かけました。もちろん、大人もやってたよ!
※東京ドームアトラクションシティでの謎解きは現在しまじろうだけど、時期によっては他のキャラクターものだったりするので、子供といつでも一緒に楽しめそうです!

 

好きなコンテンツのコラボもあるかも?!

 結構コラボものの謎解きもあります。

 毎年、名探偵コナンのコラボは全国ツアーでやっているし、やりごたえのある難易度になってます。

 もう終わってしまったけれど、シン・ゴジラのコラボの謎は自分が巨災対のメンバーになって謎解きする感じでシン・ゴジラファンにはめちゃくちゃテンションあがるものでした。あと、バイオハザードコラボの廃病院からの脱出はもうずいぶん前の公演なんですけど、あれほんと面白かったー!!!(そして怖かった)

 というわけで、元のコンテンツを知っているとより楽しめます。もちろん、知らなくても謎解きは楽しいので問題なし!(私自身、暗殺教室のマンガはよく知らなかったけれどコラボの謎解きはめっちゃ楽しかったし。)

 現在開催中だと、トネガワのコラボが面白かったと評判です。(行けてないので今度行くぞ!!!!!)

mysterycircus.jp

 来年のハンター試験は行かざるを得ない感じです。楽しみだね!!!

realdgame.jp

 

おわりに

 興味がちょっとでも出てきたよ~という方、是非体験してみてください。体験しないとなかなかわからない種類のものでもあるので……。謎が解けなかったとしても、最後には種明かししてくれます。安心ですね!

 人間、自由に記憶を失えないのでどうしても一度きりしか参加できないのがネックではあります。

 「リアル脱出ゲームでの悔しさはリアル脱出ゲームでしか晴らせない!」というループに入れば、もうそこは気持ちいい沼…もとい温泉です。

 

  さて、明日はshoiokさんがミュージカル沼について語ってくれるそうです。私も一度「ウィキッド」を観に行きましたが、面白かったなぁ……! どんな話をしてくれるのか楽しみでーす!

 

ブログのhttps化と画像をS3に置くなどした

めんどくさかったよー…よー…よー……

 

 画像はFlickrを使っていたけれど、Flickrの運営が色々と右往左往していて個人的に不安を感じる今日この頃です。そのため、画像置き場をもうちょっと別のサービスにしようかと。そして画像置き場が変わるたびにブログの編集するのもあれなので、独自ドメインで参照できるようにしたいなっと。

 ついでにブログのhttps化をしておけば、しばらくメンテナンスいらんのではないかと。

 そんな風に思って、あーだこーだやってみました。なんとかできたーよ。画像置き場はAWS S3。CloudFrontにSSL証明書持たせて、そこを経由して画像配信。

 ブログ記事の参照先URLの置換はエクスポートしたテキストファイルを修正して対応。これによって、ブログのRSS周りがうにょうにょしてたかもしれない。

 今度、AWSまわりでどんな設定やったとかはまとめておこう……未来の自分の為にも。

 

 画像のサイズ変更やアップロード、ブログに画像貼り付け周りがまだ面倒な感じだけれども、なんかいい感じになるようにしていきたい。んーむむむ。S3にファイルアップロードしたら、そのファイルを参照するためのimgタグをメールで飛ばすようにするとか? それもイマイチだなぁ。なんかいい方法ないかな。

 

 あと、自転車ブログの方も同じ対応しなきゃならん。ぎょぴー。

新宿NEWoManの「800゜DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA」に行ってきたよ

最近書いてなかったから、たまには外食の記録も残しておくのであ~る。

 新宿駅南口のあたりを行き来する際には気になってたピザ屋さん。友人からうまいと評判は聞くものの、いつも行列が出来ていてなかなか入ろうという機会がなかった。
 丁度ランチを探している際に前を通りがかったら数組しか並んでなかったので、並んでみることに。

800degreespizza.jp

 休日の11時半頃に並び始めた時には前に3組ほど並んでいた。店外のラックに置いてあったメニューを眺めながら待つ。あれよあれよというまに列は伸びていた。そして大体、12時前くらいには入店出来た。お店のオープンは11時なので、オープンしたタイミングで入ったお客さんが食事をして出て来る頃…と考えると納得。並んだタイミングも良かったのかもしれない。

 席についてから、カウンターへ行きピザやサイドメニュー、ドリンクなどを注文する。外で予め決めていたので、すんなり注文。会計後、番号が書かれたレシートを渡されるので、呼び出されるまで席で待つ。

 サラダとドリンクはすぐに出て来た。
 グリークサラダうまい。

 ピザは2枚頼んだ。マルゲリータ生地+ルッコラ と ビアンカ生地+秋刀魚のコンフィ+オリーブ。

 どっちも美味しい。特にビアンカ生地はニンニクたっぷりめで好み! 秋刀魚のコンフィとよく合う。秋刀魚のコンフィうまい。

 好きな具をトッピングする前提のお店なので、何を乗せるかな?!?!というのがとても楽しい。大人気なのでいつも混んでいるからなかなか行きにくいけど……。

 また機会があればぜひ行きたいですね。並ばずに入れるようにな~あれ…!

乙女ゲー「Code:Realize ~創世の姫君~」をクリアした

 黙々と出来るノベルベースの乙女ゲーがやりたくなったので探してみたところ、丁度Switch版が発売されたところであること、評判が良さそうということでダウンロード購入してプレイしてみました。

Code:Realize ~彩虹の花束~ for Nintendo Switch

www.otomate.jp


 ゲーム本編である「Code:Realize ~創世の姫君~」とファンディスクの「 Code:Realize ~祝福の未来~」のセットです。

Code:Realize ~彩虹の花束~ for Nintendo Switch

Code:Realize ~彩虹の花束~ for Nintendo Switch

 もう一つ出ているファンディスク「Code:Realize ~白銀の奇跡~」は含まず。こちらは現状、PS4とPS Vitaのみですね。

Code:Realize ~白銀の奇跡~  - PSVita

Code:Realize ~白銀の奇跡~ - PSVita


 本編とファンディスク両方ともフルコンプする程度には気に入りました! シナリオもキャラも良かった。謎を追いかけるのは良いですね。選択肢もそんな難しくないし、ゲーム性は低いけど。

 本編のネタバレにならない程度の感想を残しておきます。

続きを読む

2019年の手帳とか

今週のお題「わたしの手帳術」

 9月になると来年の手帳が販売されていて、ロフトや東急ハンズでついつい眺めてしまいます。人の手帳の話を聞くのは好きなので、手帳の公式サイトで事例が掲載されているとワクワクしちゃうし、ブログを読むのも好きです。みんな書けばいい。
 書けばいいと願う一方なのもアレなので、自分でも書いておこう。(下書きを書いているうちに、丁度、今週のお題にもなったのでタイムリーな話題ですね)

続きを読む

ARPのライブ「ARP KICK A’LIVE」に初めて行ってきて感心・感動した話

※注意:ARPの裏側?仕組み?にばかり言及しているので、アイドル4人が大好きな人には向いていない記事です。そういう人はブラウザをそっ閉じしてくださいませ。

 ARPとはAR performersの略で、会えるARアイドルとしてラブプラスの内田明理Pがプロデュースしているアイドルコンテンツである。友達のかにちゃんがドハマりしており、それを切っ掛けにそういうのがあるのだと知った。

AR performers/ARP 公式サイト | ~AR技術が生んだ 会えるARイケメン~

arp-fc.yukes.co.jp

 丁度、CEDEC(日本におけるゲーム開発の大きな技術系カンファレンス。TGSの開発者向けイベントでも考えてもらえればOK)のアワードでもゲームデザインの部門で賞を取っていた。

 ライブ活動が主な彼らライブについてはかにちゃんから色々と教えてもらっていたし、ここ数年は二次元寄りアイドルコンテンツ(要するに、キンプリとSideMだ)を好んで見ているのもあって、俄然興味が。ちょうどライブがあるということで、連れてもらって初めてARPのライブに行ってきた。

 ARアイドルのライブといえば私の中では初音ミクのライブのイメージで止まっていたのだが、ARPの現実感は初音ミク以上であった。めちゃくちゃ感動した。

 何故そう感じたのか?というポイントを中心に、ライブの仕組みを紹介してみたいと思う。

続きを読む

KING OF PRISM Rose Party 2018に行ってきたよ!

※もう一週間も経ってしまったけど、勢いで書いた下書きを公開するのよ。

 キンプリのイベントに昼・夜共に行ってきたよ!

 いつもチケットを取ってくれるかにみそ嬢には感謝しかない。というわけで行ってきた。

続きを読む