読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

酒縁「川島」で、おいしく日本酒をいただいたっ

前々から、かわたそ君から聞いていた「川島」。 武蔵小山にあるその居酒屋は、店は小さいがとてもいい日本酒と料理を出すとのこと。

雨の降る土曜日に行ってきましたとも。 @kawataso, @hmsk, @meke_meke, そして私という、お酒好きなメンツ。

お店の感想を言うならば、「大々的に人に教えたくはないが、日本酒好きには教えたいお店」です。 流行りすぎて、自分が行けなくなるのはイヤという微妙な気持ちなのですw とはいえ、日本酒好きには割と有名なお店らしいですが。(Web調べ)

日本酒はコース制で、コースによって量が決まってくる。お酒の内容はお店の人チョイス。 (その日飲んだお酒をもっと飲みたいから注文、みたいなことは出来るげ) 「○○が飲みたい!○○じゃなきゃ飲めない」って人には向いてないのだろうなぁ。 そもそも、お店のお酒が日本酒かビールという構成なので、日本酒無理な人が行くようなところじゃないからいいのかもしれないが。

一番印象に残っているお酒がこちら。 「ゆり」というお酒。たまたま選んだグラスにユリの花が描かれていたので、「ゆり」をチョイスしてくれました。 にごり酒なので、白ゆりとも呼ばれているそう。女性の杜氏であるゆりさんが仕込んだそうな。

DSC_4499

店内は沢山のラベル。

DSC_4533

料理もおいしかったし、お酒もおいしかったし、ママのサービスはステキだったし、幸せでしたっ! これはまた行きたいなぁ。 掲載した以外の写真はこちら。

コースで3杯。約一合飲んで帰ったのだけど、うっかりするともう一合とか飲んじゃいそうだよ…。 こんだけ飲んで帰って、相方家で相方の友人らとまた日本酒を飲んだにも関わらず、全然酔わなかったのは何だろう。 途中途中でちゃんと水を飲んでいたからかな? 和らぎ水大事ね。