読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

スマートフォンの紛失対策をまとめてみた

【追記】 「スマートフォンの紛失対策をまとめてみた 2012年版」というのも書きましたので、併せてお読み下さい。 【追記おわり】

スマートフォンであるXperia arcを2度紛失し、1度は戻らず、2度目は回収できたmacchaさんが語ります。 私が持っているのはドコモのスマートフォンなので、ドコモのサービスが前提になります。

紛失時のガラケーとスマートフォンの対応の違い

ガラケーでは出来るけど、スマートフォンでは出来ないサービスがありますので注意が必要です。

(1) スマートフォンでは、「ケータイお探しサービス」が使えない。

ケータイお探しサービス」は、携帯の現在位置を調べることが可能なサービスです。電話での問い合わせと、PCでの確認が出来ます。

最近のガラケーならば大概が使えるサービスですが、どうやらスマートフォンは非対応のようです。詳しくは対応機種の確認を。 サービスの利用は事前設定しておく必要があるので、今の設定をちゃんと調べておいた方がいいですね。

(2) 殆どのスマートフォンでは、「おまかせロック」が使えない。

おまかせロック」は、電話で依頼をすると携帯の機能をロックして他人が使えないようにするサービスです。 依頼時に圏外にあったとしても、通信可能状態になると即刻ロックされるそうです。ガラケーならば大事なデータの流出や不正利用はこれでちょっとは回避できるんじゃないかと…。 事前設定は不要のようです。 ちなみに、スマートフォンでもこのサービスが利用可能な機種はありますが、SC-01B、T-01A、dynapocket T-01Bの3つだけです。 「遠隔ロック」というサービスもありますが、対応しているのは割と古めの機種ですね。詳しくは公式サイトを。

スマートフォンではどういった対策をすればよいか

スマートフォンはガラケー以上に色々な機能を使うことができます。その分、保持する情報も多いはずです。紛失時の情報漏えいはノートPCと同等でしょう。 そんなわけで、対策は万全にすべきです…本当に(つД`)

ガラケーでは出来てスマートフォンでは出来ない「位置情報確認」と「リモートでの機能ロック」について考えてみます。

(1) 位置情報を得る

iPhoneだと「iPhoneを探す」というサービスがAppleから提供されています。 Androidだと「Google Latilude」というGoogleのサービスでリアルタイムに位置情報を確認できます。 ただ、どちらも普段から位置情報の通信していることになりますね。(個人的には電池の持ちが心配)

私はAndroidアプリの「A-Secure」というのをインストールして利用しました。 事前にインストールと設定をしておく必要があります。 ある決めた電話番号から連続して呼び出しを行ってロックする方法と、メールでの方法があります。(私はiPhoneを持っていたので、呼び出しによるロックを利用しました。) ロックがかかると、Androidで使っているGmailのアカウントにロック完了通知メールが送信されます。 その後、位置情報通知のメールが一定時間ごとに送信されます。

これに救われた…!!!><

「位置情報がわかる」という発言は思いの外、強力です。ないものを探すよりも、あるらしいものを探す方が、他人も協力的ですからね…。 A-Secureだけでなく他にもこういったアプリがあるので、何かしら導入すべきですね><。

今、製品版としては

が挙げられています。 無料のアプリとどれだけ違うのかはまだわかっていませんが、ウィルススキャンの機能もありますし、安心感は買えそうですね。

(2) リモートでの機能ロック

先ほど挙げたアプリは、リモートでの機能ロックに対応しています。そのほかに、リモートでのデータの削除もありますし、このあたりはワンセットで実装されているアプリがほとんどみたいですね。

失くしたことに気づいた場合にとるべき行動

対策を取った上で、失くしてしまった場合。電池が切れる前に以下の行動を取っておいた方が良いでしょう。

  1. まずは電話を鳴らして探す。
  2. リモートロックを行う。
  3. 位置情報を確認する。

電池がなくなる前に…ってところがポイントですね(つД`)

位置情報を確認しても見つけられそうにない場合、早々に停波しておいた方が良いでしょう。

本当に紛失してしまった場合

本当に紛失してしまった場合、行動は迅速に…。

  1. 電波を止める
  2. SIM(FOMAカード)の再発行をする
  3. 警察・交番で紛失届を出す
  4. 「ケータイ補償 お届けサービス」に加入していればこれを利用して、新しい端末を手配する

古いガラケーなどが手元にある場合は、早めにSIMの再発行を行って回線を復帰させることができます。 その場合、SPモードメールのアドレスをガラケーでも利用できるようにするには、SPモードメールとiモードメールの入れ替えが必要になりますが…。 入れ替えはSPモードメールアプリでしか出来ないので注意が必要です。入れ替え時に、センタにあるメールは削除されます。

ドコモの「ケータイ補償 お届けサービス」はなるべく加入しておくと幸せになれます…。 月々お金は取られますが、完全に買いなおすよりも安く手に入れられます(;´ρ`) だからって悪用はダメ、絶対。 (「リフレッシュ品」らしいので完全な新品ではないかもしれませんが…) 紛失に限らず、水濡れにも対応してます。 端末購入してから二週間以内にしか加入できませんので、是非ご検討を。

最後に…

長々と書きましたが、失くさないのが一番!!!!!!です。 …わかってるよぅ。・゚・(ノД`)・゚・。

そのためにも普段から出来ることをしておいた方がいいでしょうね…というわけで、次のような対策を取ろうと思います。

  • ネックストラップ・斜め掛けストラップの利用
  • 鈴をつける
  • タクシーでは必ずレシートを貰う

肌身離さずってことで、ネックストラップとか有効なんじゃないかな…たぶん。 胸ポケットがない服ばかりなので困っちゃうので、斜め掛けの利用を主に考えているところです。

定期入れに鈴をつけていますが、意外とこれが存在感あります。 うるさいって可能性もありますが…。落としたことには気づけそうです。

あと、タクシーでは車両番号がすべて><みたいです。 もしかしたら、今どきのタクシーは全車両に無線とかないのかもしれません。 車両番号があれば電話して確認が容易のようなので、車両番号が書かれているであろうレシートは貰うようにすべきですね…。

便利なものや自由に使えるものを使用する場合、自衛する必要がどうしても生じます。 自分の身を守るのは自分自身。 というわけで、セキュリティ対策は本当にしておいた方がいいと思いました。皆様も是非考えてみて下さいませ><