真夜中の色彩

真夜中の雰囲気が好きなプログラマのブログ

THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR ~GLORIOUS ST@GE!~ 幕張初日のライブビューイングのこと

 THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR ~GLORIOUS ST@GE!~、幕張初日のライブビューイングに行ってきましたー!!!

  友人のかにみそPと待ち合わせし、腹ごしらえ。ばっちり石焼ビビンバを食してから臨む。隣はお一人のピエールPでした。テンションの高まりを共有しつつ、ちょこちょことお話しさせていただきました。イイ人だった。

 かにみそPはピエール担当なので、私は両手にピエールPという状態。なかなか始まらないなーってなりつつも、とうとう始まりました。

 以下、ライブの感想とSideMのユニット自体の感想とかごちゃまぜね。

 

01)「DRIVE A LIVE」(全員)

 Beyond The Dreamかこれかな?という気持ちがあった。始まりはDRIVE A LIVE。どのユニットもユニットだけで歌っているし、何しろSideMサインが印象的な、象徴的な曲。

 合同曲は色々あれども、やはりこの曲なんだなー!という感じで始まります。全員が同じステージに上がっているという事実だけで感極まる。みんなの願いが実現して、本当に良かった。よかったーーーーー!!!!

 各自の紹介MCはこれまでにないほど手短に進む。


02)「STARLIGHT CELEBRATE!」(DRAMATIC STARS)

 やっぱり開幕はドラスタ! 「まっすぐに空高く輝いた場所へと」と始まるこの曲は、ここがその場所なの?!と思ったりなんだり。

 王道、そしてこの安定感。これまでのライブのセンターをやってきたユニットなだけあるー!!


03)「TOMORROW DIAMOND」(Beit)

 ジュエルの馬車に王子様が乗ってやってきた。梅原裕一郎が超イケメン。ほんとイケメン。手袋クイッとか、指輪の入った箱をパカーとか。イケメン過ぎて、まぶしい。かっこいい。落ちる。いやでもほんとに、イケメンですね。イケメン以外の語彙が消えるくらいに。すごい。ライビュは梅原氏のエンゲージリングのビームしか受けませんでしたが、会場は全員だったみたいだし、円盤では全員分見たいよ!!

 Beitはみのりさんもカッコいいし、ピエちゃんも可愛いながらもかっこよくていいですよね。後ろに三人を模したカエールがぴょこぴょこでててかわいかった~。曲は王道のアイドル王子様ソングなので、それはもう。


04)「Reversed Masquerade」(Café Parade)

 カフェパレのアニバーサリー新曲!!! ゾンビダンスが楽しく、わちゃわちゃしていてディズニーみたいなエンターテイメント感があります。大好き。カフェパレの曲はどれもそんな感じでほんとよい。

 そもそも、カフェパレの成り立ちとか志が目頭を熱くさせるので、彼らが楽しそうにわちゃわちゃしているのがたいへんよい。

 そういえば。アスランの声の古川さんは、刀剣乱舞では大倶利伽羅(私の推し)なんだよなぁ。声優さんの演技力はほんとすごいっす。性格全然違うキャラ。


05)「バーニン・クールで輝いて」(神速一魂)

 ここはもうみんな大体同じところだと思うけど、腕を組んだままの歌唱ね。あれは熱い。あんな近くで見つめ合ってるのを見てるこっちがちょっと照れる。

 神速一魂はお互いをリスペクトしているし、盛り上がる曲が多くてよい。身体の基本は医食同源!を思い出させてくれる。ライブ前はちゃんと食べよう。ライブ中はちゃんと水分補給しよう。


06)「桜彩」(彩)

 これは新曲…だよね? という始まり。彩はお祭りみたいな、極彩色のような曲の印象が強いなかで、このしっとりとした完全新曲でした!

 三人が歩調をそろえて歩く姿がキマってました。早くちゃんとCDで聞きたいね!!!


07)「Over AGAIN…」(Jupiter)

 Jupiterっていうと、熱血だけど欠けることはできない冬馬くんと、甘えておちょくっている弟の割にはちゃんと見ている翔太と、そんな二人を見守り支えつつの北斗と…って感じですよね。アニメではその北斗がもっと年上の後輩たちに年下扱いされている感じが大変よかった……。北斗もちょっとはほっと息を吐くところがあってもいいはず!別にそれがJupiterで出来てないってわけじゃないだろうけれど、環境が違えば色々見えるものもあるね!!!

 そんなアニメの時の気持ちがよみがえりました。ちゅうか、Jupiterが3人ちゃんと集まっているってこと自体でもうこみ上げる。2ndは松岡君だけだったもんね…。


08)「Study Equal Magic!」(S.E.M)

 はー、Jupiterよいわ(涙 からのS.E.M.ですよ。くるっと満面の笑みになっちゃう魔法の曲ですね。全力のタケノコ、致しました。

 

09)「JOKER↑オールマイティ」(High×Joker)

 1stライブ組はやっぱりなんかどっか安定感が段違いである。そして、高校生ユニットであるハイジョらしい歌詞で大変よい。

 ハイジョはアニメで各メンバーの人となりを知ったけれど、高校生らしい悩みとか、ちょこちょこ出てくる若さゆえ?の自信のなさとか、ただノー天気なだけじゃないのがいいですよね。ハイジョみんなかわいい。ドーナツ差し入れたい。


10)「情熱…FIGHTER」(THE 虎牙道)

 黒のペンラがない問題。とりあえず、拳を振り上げる。格ゲー風の画面の前で戦う三人。殺陣を小松君が考えていたのは知りませんでした! すごいね。今回は三人ともが殺陣に参加してて、よすよす。

 年下二人を見守る道流さん、いいですよね……。でも、戦っちゃうのもいいですよね……。濱野さん、いいですよね……。


11)「Tone’s Destiny」(Altessimo)

 アルテ新曲くうううううう。アルテってユニットの設定からして曲調決まっているし、そういう意味でも色々と難しいと思うのですよね。いろんな表現を限られた中でしなくちゃなのでは?と思うから。でも、それぞれがやっぱり個性あっていいですよね。

 二人の背中を合わせるシーンがよかったです。


12)「Symphonic Brave」(Legenders)

 れじぇえええええええええええええええええええ!!! すごく…爽やかです。

 最初のポジションが、普段の立ち位置とは違って、またこれがよい。中央にクリス、左が想楽くんで右が雨彦さんだったかな。スタンドマイクからの、ハンドマイク。

 都会の曇り空からさす天使のはしごが見えた。そして、灰色の海原を進む船も。

 想楽くんの悪い顔は歌に合わせていたようで、この曲ではいい笑顔でした。よすよす。

 私の中でのLegendersは、雨彦…見守りつつも思わせぶりっこ。言わなくていいことは言わない人。想楽…正直になりたいけれど、皮肉屋なところもある若者。クリス…海だいすき。という感じで、2/3はあまり素直ではなく、クリスだけが素直で純粋というユニットであると感じています。もちろん、みんなメンバーや仲間を信頼しているだろうから、そこが前面に出ちゃうわけじゃないんだけど。

 そういう印象があるから、この曲はちょっとまた違った印象が。否、関係性が変わったことでこういう歌も歌えるユニットになったのかなと思ったりしてました。割とクリスの歌っぽい気がするんだよね。リーダーは雨彦だけれども、クリスがいないとうまくいかないと思うし、想楽だからこそやっていけるんだろうし、ああもうなんていうか、レジェだいすき。

 歌詞自体は前を向いていこう!という始まりの曲なので、これもまた私のツボっすわ。全然ライブの話じゃないね。すまん。


13)「カレイド TOURHYTHM」(Jupiter/W)

 うああああああああああああああああああああああああああ!!! 2ndLiveでは全員そろわずに歌ったけれど、今日はそろったね。みんな。ほんとよかった……。よかったあああああ

 大きな画面が5分割されて全員を映し出すのが良かった。冒頭の各自の名前コールがまたいいよね……。


14)「Fun!Fun!Festa!」(Beit)

 浮かれろテンション! Beitのファミリーっぷりが見れて本当にいい…。すごいアイドルしているし。カロリーもハッピーに変えちゃおうね…そうだね……。

 Beitのじゃれ合いとかいいよね。ふんどしとかね。


15)「夢色VOYAGER」(F-LAGS)

 トロッコおおおおおおおおおおおおお!!! F-LAGSは涼ちんがいるというのもあって、すごく色んなことを思い出したり、重ねちゃったりする。F-LAGSのユニットの成り立ちも、隠していた自分を出していくのが根っこにあるから、熱いものがあるよね。中の人三人とも、仲いいしさ……。支え合っている感じがすごくするユニット。大好きっす。大吾くんである浦尾くんの笑顔がほんと花丸笑顔で、超いいよね……。

 どのユニットもそうだと思うだけど、CDの歌よりもライブの歌の方がキャラに寄せてあるな~とかキャラっぽい!とかキャラ大事にされている!!って感じがするんだよね。きっと、今再度収録したらまた違うんじゃないかなぁ……。それもそれで聞いてみたい。


16)「もっふ・いんざぼっくす♪」(もふもふえん)

 かわいいい曲……盛り上がるよね。歌った後、裏側で燃え尽きているという裏話、よいですね。そんな話もついしちゃうかのん先輩、キライじゃないぜ。


17)「AFTER THE RAIN」(W)

 虹が見えたね!! 蒼井兄弟の前向きさっていいよね。


18)「MISSION is ピースフル!」(FRAME)

 やっとこれで全ユニット登場か! FRAMEのこの振り付けは初めて見た! みんなでハンバーグ頬張るのがよい!!!

 2nd Liveで滞空時間一位を目指すと言っていた熊谷氏。滞空時間はわからなかったけど、楽しそうだった。龍君のほっぺの絆創膏が衣装に合わせた色(緑)つきで、色つきがよい!と思ったりした。


19)「夏時間グラフィティ」(Beit/High×Joker/W)

 アニメの若い子組! ワイワイ!


20)「流星PARADE」(Jupiter/DRAMATIC STARS/S.E.M)

 アニメの大人組! はわわ……って感じで見てて、記憶がない。並び順とかのフォーメーションを見ていた。真ん中がリーダー。


21)「From Teacher To Future!」(S.E.M)

 応援歌!! いい曲だよね。S.E.M.はさ、面白い曲も面白い振り付けも、おとななセクシーな曲も出来ちゃうユニットでいいよね……。ライブで超輝く。もちろん、各キャラクターも大好きなんだけど!

 初めは「なんだあの衣装」ってなってたフレンドが、S.E.M.を知って「あれがいい」ってなっている様子は大変うれしい……。


22)「Sunset★Colors」(High×Joker)

 トロッコ!! かわいすぎか。特にながにゃんの笑顔。ライブを通して夏来役のひろひろと一緒に肩を組んだりしている場面が多くてよい。


23)「Alice or Guilty」(Jupiter)

 961プロ時代のロゴで始まるこの曲。315プロにはない曲調。まさかこの曲が来るとは思わなかった!!!!! 超カッコイイよね。EOJ思い出すね。曲が世に出てから何年経たのだろう…と思うと、当時からのPには熱いものがあるんだろうなぁと思いながら私でさえも目頭が熱く。

 曲が終わってからの……。ロゴが315プロ版へ!

 

24)「BRAND NEW FIELD」(Jupiter)

 315用の衣装になって、ぶらにゅーふぃーるど! これ、EOJで見た!見たよねーーーー!!! 泣いちゃってますわ。


25)「ARRIVE TO STAR」(DRAMATIC STARS)

 ドラスタだ! っていう感じ。個人的には王道過ぎてドラスタ好きだけど推しには至らないのだが、やっぱりドラスタがいないと315プロは始まらないんだよなぁっていうことを思い知らされる。


26)「Reason!!」(全員)

 うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああ(涙)

 全ユニットでのReason!!だよ……。Legendersが歌っていいんだ。歌えるんだ。と思うとすごくうれしくて泣ける。いい曲だから、みんなで歌ってほしかったんだ。うれしい。そして全ユニット、Reason!!の衣装。うれしい。うれしい・・・。


27)「Beyond The Dream」(全員)

 今度はみんなでアニメに出られますようにと祈りながら。最後はビヨドリ。

 

アンコール01)「GLORIOUS RO@D」(全員)
アンコール02)「DRIVE A LIVE」(全員) 

 

 

 どんどん記憶が薄れていくので、無理くり書いてどちゃっと公開!! 思い出すとまだ目が熱くなるのだ……。よかった、よかったよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!

 隣のPも同じ感じだったみたいで、時には目頭を押さえたりなんだり。いい人だった。P名刺があればもうちょっと交流できたかもしれないと思うと残念すぎる。次回参加までには即席でも作りたい所存……。